夫婦でおでかけ♪ 海外旅行記

夫婦で海外へ行った時の旅行記です。
 

カテゴリー:スペイン旅行記

2002年06月27日

@夫婦で初のヨーロッパ スペインへ ハードな旅の始まり

夫婦で初のヨーロッパはスペイン。
アルハンブラ宮殿は予約しないと入れないため、事前に予約を済ませ、そしてくまなくまわるため、なんとレンタカーの予約も済ませ、ハードスケジュールの旅行となりました。
準備は万全だったんですが、現地でトラブル発生。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
日程
4月25日(木) 朝関空発→フランクフルト→バルセロナ夕方着 バルセロナ泊
4月26日(金) フィゲラス ダリ美術館 バルセロナ着
4月27日(土) モンセラット修道院、グエル邸、カテドラル、カサバトリョ、カサミラ
       バルセロナ泊
4月28日(日) サクラダファミリア、カサミラ、グエル公園、ランブラス通り
       車中泊
4月29日(月) アルハンブラ宮殿、サンニコラス広場、アルバイシン地区、フラメンコ
       グラナダ泊
4月30日(火) グラナダ→マラガ ミハス、カサレス マラガ泊
5月1日(水)  マラガ→ロンダ アラメダ・デル・タホ公園、闘牛場、パラドール、ヌエボ橋
       ロンダ→セビーリャ フラメンコ セビーリャ泊
5月2日(木)  アルカサル、カテドラル セビーリャ→コルドバ コルドバ泊
5月3日(金)  メスキータ、アルカサル、ユダヤ人街、花の小路
       コルドバ→マドリッド マドリッド泊
5月4日(土)  コンスエグラ、トレド マドリッド泊
5月5日(日)  プラド美術館、ソフィア王妃芸術センター、マドリッドビジョン市内観光
       闘牛観戦 マドリッド泊
5月6日(月)  セゴビア、マドリッド王宮 マドリッド泊
5月7日(火)  朝マドリッド発→フランクフルト→
5月8日(水)  朝関空着
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

朝5時15分起床、50分に家を出る。6時10分のバスなので余裕だ。
一路関空へ。嫁さんはなぜか徹夜、バスの中で熟睡だ。

ルフトハンザでチェックイン。手帳とカメラの電池とリュックを買って、喫茶店で朝食。
出発は9時10分と10分早まった。乗り継ぎに余裕をもたせるためらしい。

嫁は最近はまっているイラストロジックを買って早速やりはじめた。
たぶんずっとやっているのだろう。さあ出発。
まだ時間があるので両替をした。そして入国審査。

あれっ、呼び出しがかかっている。ANAのスチュワーデスが来て名前を聞かれる。
もう最後ですので、走ってください。
急げ!スチュワーデスと一緒にダッシュ。
なんとか時間ぎりぎり。これからは少し早めに。反省。

機内では嫁はイラストロジックor寝てるor食べてる。
約12時間のフライトで無事14時20分フランクフルト着。

乗り換えなのでバルセロナ行きのゲートへ。ゲートの途中で入国審査。
簡単にスタンプを押してくれる。
ヨーロッパはヨーロッパに入った時点で入国審査があり、そこからヨーロッパ内の移動は国内線扱いとなる。
この後ゲートに向かうが、これがなんと遠い。
途中レインボーに光るあやしい歩く歩道を通って、エレベータで上がったり、また下がったり、なんと建物内を係員は自転車で移動していた。やっとゲートに到着。

15時50分発、17時40分頃バルセロナ到着。
もう国内線扱いなので、入国審査はなく、荷物をとってタクシーでホテルへ。
120kmでとばして、約20分で到着。

ホテルは日本からインターネットで予約していったのだが、内装が宮殿のようで豪華。
部屋の内装はピンクで飾られ、かわいらしすぎる。
ベッドの高さが異様に高く、クイーンダブルなので狭い。

2.CONTINENTAL PALACETE(バルセロナ).jpg 4.2Fがレセプション 豪華な階段.jpg


3.ベッドが高い.jpg 7.天井が宮殿のよう.jpg


チェックインし、シャワーを浴び、嫁さんは眠いので寝るというので、1人でめしを食べに行く。
グラシア通りをぶらぶら。カサバトリョのライトアップが緑色できれい。

タパタパというタパスの店でどういうシステムか、いまいちわからないので、店員の言われるがままに食べる。
ビールをのみパンコントマテやハモンなどを食べた。
ちょっと腹いっぱい食べ過ぎた。

そしてカタルーニャ広場の方へぶらぶら。
VIPSというコンビニのような店で買い物をしてホテルへ戻る。就寝10時半。


【出費の記録】
航空券 ルフトハンザドイツ航空 関空−フランクフルトーバルセロナ 往復 133350x2=¥266700

ホテルの予約はこの方法が一番です→ホテルを一番お得にとる方法
(Hotels.comで10泊すると1泊分無料+キャッシュバック)

€1=¥120
=================================
タクシー(空港→ホテル) ∈15(チップ込)
タパタパ     ∈21.5
VIPS 水  ∈ 0.6
ヨーグルト  ∈ 1.9
=================================
計 €39(¥4680)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ



posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月26日

Aフィゲラスのダリ美術館は面白い

朝7時半起床。朝食はホテルのロビー前の宮殿の一室のような部屋で食べた。

5.朝食部屋も豪華.jpg

セルフサービスでファミレスにおいてあるのと同じコーヒー、紅茶を入れる自動の機械があった。

その後今日泊まるホテルを探しに行った。
1件目は開いてなくインターホンなので言葉に自信がなくやめ、2件目へ。
2件目は満室だったので、カタルーニャ広場へ。

38.カタルーニャ広場.jpg

ここで道を尋ねられる。あやしい。
地図を広げ、2人組。1人は道を聞き、もう1人は何かくっついてくる。
こっちはよける。そして去っていった。
リュックの外側のチャックが少し開いていた。やはりあやしかった。
こういう地図をもって日本人に聞いてくるのはあやしい。

カタルーニャ広場の少し南側のトレダーノホテルへ行って聞くとあいていたので、いったんホテルコンチネンタルに戻りチェックアウト。そしてトレダーノホテルに行って荷物を預かってもらう。

さあ地下鉄でrenfeの駅へ。
地下鉄は途中乗り換えると歩く距離が遠いので、少々遠回りでもなるべく乗り換えない方がよい。

サンツ駅へ着いた。どこでどの切符を買ったらいいのかわからない。
辞書を引いて調べる。右側は当日、左側は前売りらしい。
まずフィゲラス行きの切符を右側で買う。
そして左側で夜行の切符を買おうと、行って順番待ちの番号がついた紙をとったがもうフィゲラス行きの電車が出るのでホームへ。

11:20発、13:25フィゲラス着。

9.フィゲラス駅.jpg

歩いて10分でダリ美術館に到着。

12.ダリ美術館 外壁にパン屋上に卵.jpg 13.ダリ美術館入口.jpg

途中で買ったパンを少し食べ入場。
目を細くして見るとリンカーンに見えるという絵など、おかしな絵がたくさんあった。
うちの嫁はお気に入りだ。

14.目を細めるとリンカーンに見えるだまし絵.jpg 15.雨降りタクシー.jpg

17.ダリ美術館.jpg 16.ダリが昼寝したベッド.jpg


16:32のカタルーニャエクスプレスでバルセロナへ18:13着。

あさっての夜行寝台のチケットを買う順番待ちの紙をとる。
210番、今157番なのでまだだいぶある。約1hほど待っただろうか。
インターネットでプリントアウトしたのを見せてなんとか買えた。

地下鉄でリセウへランブラス通りを少し散策。

45.ランブラス通りの花屋さん.jpg

サンジョセップ市場を少し覗いて果物を買ってホテルへチェックイン。

43.サンジョセップ市場.jpg 44.サンジョセップ市場 フルーツがいっぱい.jpg

5Fへ案内される。同経営のホテルカピトルだ。

29.ホテルキャピトル5F(バルセロナ).jpg

部屋はダブルベッド1つ、少し狭いシャワー付き。
部屋の外にも共同のシャワーとトイレがある。
ベランダからはカテドラルが見える。

31.ホテルからカテドラルの先が見える.jpg

その後外へ出てカタルーニャのインフォメーションで地図をもらってメトロでドラサナスへ。
そこで降りてグリルルームというレストランに向かう。
だがいっぱい、しかも日本人がいっぱいいた。

そこは満員なのであきらめて、となりの地元で人気のラフォンダへ。
地下へ案内されてカルタ(定食)を頼んだ。
サラダとパエリアとヨーグルト、パン、コーヒーで∈14だ。
もう満腹。そこを出ると、もう外には長蛇の列。さすが人気のレストランだ。

ランブラス通りの大道芸人(あやつり人形が多い)を見ながらホテルへ戻る。

40.ランブラス通りの大道芸人.jpg

シャワーを浴びて12時就寝。



【出費の記録】
=================================
ホテルコンチネンタル   ∈115
タルヘタ      5.32×2 = ∈10.64
バルセロナ⇔フィゲラス 12.72×2 = ∈25.44
水     ∈0.75
おかし           ∈0.9
ダリのメモ帳         ∈6
パン3個           ∈2.37
水              ∈1.1
ダリ美術館     9×2 = ∈18
ダリ時計キーホルダー       ∈2.5
ダリ絵はがきセット      ∈6
グラナダ行き寝台 85.66×2 = ∈171.32
バナナ  ∈1.1
イチゴ  ∈0.69
フルーツセット  ∈3
=================================
計 €394.81(¥47377)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月25日

Bモンセラットの修道院とガウディー建造物をみてまわる

朝7時半起床。
ゆっくりして、昨日買ったイチゴとフルーツセットを食べ、8時半頃出発。

地下鉄でエスパーニャへ。
駅のカフェでボカディージョ(ハム)とカフェコンレチェを食べる。

そしてスペイン広場からカタルーニャ美術館のところまで散策。
美術館の前からの眺めはすばらしく、サクラダファミリアも向こうに見える。

その後10:36発のカタルーニャ鉄道でモンセラットへ。

18.カタルーニャ鉄道モンセラット行き.jpg 19.モンセラット駅.jpg

20.山頂には修道院がある.jpg 21.修道院.jpg

駅についてロープーウェイで上に上がる。約5分で到着。
ロープーウェイは13:50まで。次は14:20発でこの間は休みだ。

25.修道院前.jpg

さあ修道院へ。
ちょうど中に入ったらミサをやっていて少年の合唱団の歌声が聞こえる。
そして中にいる人みんなで合唱している。ちょっと感動。

出てすぐ横に入り口がある。ここは黒い聖母像への入り口だ。
しばらく並んでやっと入れた。
みんな聖母像の安置されているガラスにキスしたりしている。
そして終わると出口のところにろうそくがあり、それを買ってみんな火をつけ立てている。
たくさんのろうそくが立っていた。

23.修道院.jpg 24.修道院内部.jpg

外に出るとサルダーニャの踊りをみんなやっていた。楽しそうだ。
ステップは慣れるまで難しいかも。

26.修道院前ではサルダーナの踊り.jpg

みやげ物屋をうろついて14:36の電車に間に合うようにロープーウェイのりばへ。
だが始発に乗れず、次に乗る。
なんと無情にも目の前で電車が行ってしまった。
仕方がないので駅のとなりにあるバルで食事をして時間をつぶした。
15:36発に乗り、16:30スペイン広場着。

その足でカサアマトリュエールへ。

59.カサアマトリェール.jpg

ルータモデルニスモのチケットを買おうと思ったが、今年はガウディーイヤーということもあり、ルータガウディーというのが出ていてそれを買った。ガウディーの建物の割引券とガイドブックで日本語版だ。

その後グエル邸へ。17:20頃着いたが、人数制限があり次は18時だ。
18時になって見学開始、英語ガイドについてまわる。
なかなか見ごたえがあった。ガイド付きなので時間がかなりかかった。

65.グエル邸.jpg 66.グエル邸.jpg

67.グアル邸屋上の煙突.jpg

69.グアル邸屋上の煙突.jpg 68.グアル邸屋上の煙突.jpg

19時頃終わりカテドラルへ途中レイアール広場、王の広場にも寄った。
カテドラルの前ではみんなサルダーナを踊っていた。
でも顔つきが真剣だ。なかなか中には入っていきにくい。
カテドラルの中も見学した。

48.カテドラル.jpg

47.レイアール広場.jpg 53.王の広場.jpg

そして外で突っ立ってたらシールを貼ってくれる人がいて、チップを渡した。
このシールはサルダーナを踊る許可みたいなものだ。

だが踊らず、歩いてカサバトリョ、カサミラ、考える牛、マハキリンを見て、タパスのククで食事。

60.カサパトリョ.jpg 55.考える牛(ランブラダカタルーニャ通り).jpg

54.マハキリン(ランブラダカタルーニャ通り).jpg

地元に人気がありスペイン人でいっぱい。
だいぶ並んだが、なかなか愛想がよくよかった。
ホテルに戻り12:45就寝。


【出費の記録】
=================================
ボカディージョ+カフェコンレチェ  ∈8.6
モンセラット往復 11.6×2 = ∈23.2
水           ∈0.69
ルータガウディー  7.5×2 = ∈15
グエル邸  1.2×2 = ∈2.4
バル          ∈6.2
夕食 クク(タパス) ∈22
=================================
計 €78.09(¥9371)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月24日

C今日もガウディー いよいよサクラダファミリアへ

朝7時45分起床。
今日の晩は寝台なのでシャワーを浴びてチェックアウト。
荷物はホテルで預かってくれた。

朝食はすぐ前のBarへ嫁がチョコレートパンを頼もうとしてシュコラと言ったらココアが出てきた。
大失敗でもショコラはおいしい。オレンジジュースは絞りたてでおいしい。
クロワッサンとクリームパンを食べて、地下鉄でサクラダファミリアへ。

91.サクラダファミリア大聖堂.jpg 93.サクラダファミリア大聖堂.jpg

サクラダファミリアの横に公園がある。
そこで、おじさんたちがゲートボールのような感じの手でボールを投げて当てるやつをやっていた。
サクラダファミリアの前ではジャイアント人形(ビッグマックス)がいっぱい並んでいた。

109.サクラダファミリア聖堂前の池.jpg 110.この人形はメルセ祭のヒガンテス.jpg

中に入場。土日はルータガウディの割引が使えなかった。残念。
上まで上がれるが階段で上がるのはしんどいのでエレベータで上がる。
∈1.5払ってエレベータで途中まで上がる。さらに上へらせん階段で上がる。

104.らせん階段.jpg

高くて眺めがいい。すぐにまたらせん階段をおりる。
目が回りそうで足はガクガクになる。
反対側の受難のハザード、みやげもの屋、地下のガウディ博物館をまわる。
ここにはガウディが作ったサクラダファミリアの模型があった。

96.生誕のファサード.jpg 98.受難のファサード.jpg

108.内部はまだ工事中.jpg 107.内部はまだ工事中.jpg

95.聖堂内部.jpg

97.受難のファサード側の塔.jpg 94.サクラダファミリア大聖堂.jpg

102.模型.jpg

見終わって次にカタルーニャ音楽堂へ行った。今日のチケットはなかった。
予約しないといっぱいらしい。

63.カタルーニャ音楽堂.jpg 62.カタルーニャ音楽堂.jpg

そしてクワトロガッツへ行った。ここは昔ピカソなどの芸術家が集った店である。
だが閉まっていたので、外から写真を撮った。

90.カフェクアトラガッツ.jpg

まだ1時だけどめしにしよう。ラボナクイナという店で定食を頼んだ。
スープが絶品。ここはなかなかどれもおいしかった。

その後カサミラへ。チケットを買って入る。
また屋上まで階段で登る。とても疲れた。
屋上とその下に展示コーナー、その下の部屋が見学できるようになっている。

71.カサミラ.jpg 76.カサミラ屋上の煙突.jpg

77.カサミラの中庭.jpg

見終わってとても疲れたのでカフェで休憩。イチゴシェイクを飲む。

そしてグエル公園へ。長い長いエスカレーターで登っていく。

79.グエル公園への道 長いエスカレーター.jpg

案内板に従って行くと、左に展望台がある。
そこからはサクラダファミリアも見え、とても景色がいい。

80.グエル公園展望台からモンジュイックの丘.jpg 81.グエル公園展望台からサクラダファミリアが見える.jpg

そこから下の方にずっと降りていくと、有名なタイルのベンチがある。
このベンチは背中のところがちょうどいい具合のカーブになっていてとても気持ちがいい。
その下の列柱廊ではフルートを吹いている人がいていい感じだ。
大階段とトカゲの噴水を見て、正面出口から出る。

82.グエル公園中央広場.jpg 83.グエル公園ベンチ 体にフィット.jpg

84.グエル公園大階段.jpg 86.グエル公園列柱廊.jpg


500mぐらい歩いてバスに乗り、カタルーニャ広場まで戻る。
エルコルテイングレスというデパートへ行くが今日は日曜日で休みだ。
スペインは日曜日はどこも休みになる。
日本のように客商売は日曜がかき入れ時で営業ということはしない。

まだ時間があるのでランブラス通りのベンチに座って休憩。
この通りはおもむろに大道芸人がやってきて何か始める。
そして人だかりがいつの間にかできるとてもおもしろい通りだ。

41.ランブラス通りの大道芸人.jpg 42.ランブラス通りの大道芸人.jpg

8時になったのでホテルに荷物を取りに行って、タクシーでサンツ駅へ。
駅で目薬と軽食を買って、ホームへ。
ホームへは改札がなくそのまま入れるようになっている。

Coche9と書いてあるのが9号車か。入り口のところで聞くとそうらしい。
中に入ったがどこかわからない。たまたま駅員が通りがかったので教えてもらった。

部屋は2座席あって洗面所、タオル、クシ、ハブラシセット付き。ミネラルウォーター、コップも付いていた。寝台なので2段ベッドにできるようになっている。カギがついていて部屋のカギもかかる。

111.夜行寝台でグラナダへ.jpg 112.夜行寝台でグラナダへ.jpg

すぐにレストランを使うかどうか聞いてきた。食べ物は買ってあるので使わないと答えた。
1時間後ぐらいに車掌さんが2段ベッドに組み立ててくれる。
ベッドにするにはカギが必要でカギをはずして2段ベッドにしてくれた。

チケットは預かってくれ、また明日という。
朝起こしてくれるようだ。寝る準備はOKなので着替えて寝る。


【出費の記録】
=================================
サクラダファミリア    6×2 = ∈12
サクラダファミリア エレベータ  1.5×2 = ∈3
Bar ∈6.9
本、絵はがき    ∈10.2
ホテルカピトル2泊   ∈83.46
昼食(ラボナクイナ)     ∈44
カサミラ   6×2 = ∈12
カフェBatido イチゴシェイク  ∈9.62
バス  1×2 = ∈2
タクシー(カタルーニャ広場→サンツ駅)∈5.4
目薬       ∈6.93
サンドイッチ、パン、シェイク   ∈5.8
ヨーグルト、おかし     ∈2.8
=================================
計 €204.11(¥24493)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月23日

D寝台でグラナダへ、アルハンブラ宮殿とフラメンコで遊びすぎてクタクタになる

朝7時15分頃起床。7時20分頃にあと2つで着くよと起こしてくれる。
そしてしばらくしてチケットを返してくれる。

8時15分頃グラナダ駅着。タクシーでトリニダード広場へ。
目指すはオスタルメリディアーノ。しかしいっぱいらしい。
友人のところへ電話して聞いてくれるという。
友人のところは開いていたのでとってもらった。
とても親切な人だ。
荷物を預かってくれ、12時に戻ってきたら案内してあげるという。

オスタルを出て、朝食は近くのカフェでブレックファーストセットメニューを頼む。

113.トリニダード広場前のカフェテリアで朝食(グラナダ).jpg

ゆっくりしてインフォメーションへ。
地図とバスマップをもらって次に日本語情報センターへ。
フラメンコのチケットの予約をしておいしいところやアルハンブラのまわり方を教えてもらった。

そして王室礼拝堂とカテドラルへ行って、12時にメリディアーノへ。

120.王室礼拝堂.jpg 121.王室礼拝堂.jpg

124.カテドラル正面.jpg 126.カテドラル内部.jpg

127.カテドラル内部.jpg 128.カテドラル内部.jpg

130.聖歌の楽譜.jpg

メリディアーノの人はとても親切でおいしいところや観光ポイントなどを教えてもらった。
そして友人のオスタルMESONESに案内してくれた。
カテドラルのすぐ近くで部屋は102号室。
とてもかわいらしい部屋でシャワールームはとてもきれいにしている。
これはすごくいいオスタルだ。扇風機もついている。

114.オスタルMESONES(グラナダ).jpg

さてそろそろ洗濯物がたまってきたので、近くのコインランドリーで洗濯をする。
洗濯30分で∈3.61、乾燥機は15分∈0.6だったが、14時で閉まるので部屋に帰って干した。

その後日本語観光案内所で教えてもらったレストランMEDITERRANEOでイカスミパエリャを食べた。
フルコースで前菜はサーモンのサラダとコロッケ、そして魚貝類のスープ、イカスミパエリャ、プリンだった。
スープは特においしかった。1時間30分もかかった。
なんせスペインはもってくるのも遅くスローペースだ。

すぐアルハンブラ宮殿へ。30番のバスでヌエバ広場から約5分。

132.ヌエバ広場.jpg 133.アルハンブラバスでアルハンブラ宮殿へ.jpg

あらかじめ日本でインターネットを使って予約をしていたので、インターネットの予約番号をかいた紙とパスポートのコピー、クレジットカードを見せるとチケットをくれた。2人で1枚のチケットだ。

まずヘネラリフェから見学。庭園が見事だ。そして広い。
アセキアの中庭とポロの中庭は残念ながら工事中で入れなかった。

134.屋外劇場(ヘネラリフェ).jpg 135.糸杉の散歩道(ヘネラリフェ).jpg

136.下の庭園(ヘネラリフェ).jpg 138.ヘネラリフェから見るアルバイシン全景.jpg

約40分かかって見た後はセカーノを通り、パラドールを少し外から覗き、裁きの門へ。
その横にカルロス5世の噴水があるがこれも工事中だった。

139.セカーノの糸杉の散歩道.jpg 140.糸杉の中庭.jpg

141.上の庭園.jpg142.下の庭園の花々.jpg

145.カルロス5世の噴水(改修中).jpg 144.王家の用水路.jpg

147.ブドウ酒の門.jpg 146.サンフランシスコ修道院跡に作られたパラドール.jpg

150.オメナッヘの塔門より王宮を望む.jpg 148.裁きの門.jpg

151.オメナッヘの塔よりアルバイシンを望む.jpg 152.バラの塔よりアルマスの広場(アルカサバ).jpg

その後アルカサバを見学。4時に入場したのにもう2時間だ。

153.アルカサバ.jpg 154.アルマスの広場(アルカサバ).jpg

6時になったので王宮へ。
王宮に入る人数はは時間ごとに限定されていてチケットに印刷されている。
この時間の予約を日本からとったのである。
本当は30分であるが、少しぐらい時間がかかっても大丈夫だ。
ここはすばらしく撮影スポット多数で見どころが多かった。

158.メスアールの間.jpg

160.メスアールの中庭.jpg 161.メスアールの祈祷室.jpg

162.アラヤネスの中庭(コマレス宮).jpg 163.アラヤネスの中庭(コマレス宮).jpg

164.アラヤネスの中庭(コマレス宮).jpg 166.大使の間(コマレス宮).jpg

167.鍾乳石飾りの間(ライオンの中庭).jpg 168.ライオンの噴水(ライオンの中庭).jpg

170.アベンセラッヘスの間の天井.jpg 171.諸王の間の天井.jpg

172.二姉妹の間の天井.jpg

173.リンダラハのバルコニー(ライオンの中庭).jpg 174.パルタル内のアラブ住宅.jpg

その後パルタルを少し見てカルロス5世宮殿へ行く。
真ん中に立って声を出すとマイク効果がありなぜだかよく響く。

176.カルロス5世宮殿内部.jpg

すべて見終わってバスでサンニコラス広場へ。
ここからアルハンブラの景色はすばらしい。
ギターを弾いている人もいてアベマリアなどぴったりの曲を弾く。
よかったのでそこでその人のカセットを買う。

177.サン・ニコラス展望台.jpg 178.サン・ニコラス展望台よりアルハンブラ宮殿を望む.jpg

夕暮れのアルハンブラを見た後、歩いて道に迷いながらも、ヌエバ広場へ。
9時待ち合わせ。スペインは待ち合わせの場合少し遅めになる。
決して5分前には集まらない。

さあ時間が来たのでバスで出発。ここからはツアーだ。
アルバイシン地区とフラメンコのツアーである。

しかしホテルを点々とまわりなかなか着かない。
10時頃やっとアルバイシン地区へ。
ここでバスを降りてカイド付き観光。
なんか見たことあると思ったらサンニコラス広場である。
こんどはアルハンブラの夜景である。

184.アルバイシン地区散策.jpg 185.アルバイシン地区散策.jpg

183.サン・ニコラス展望台よりアルハンブラ宮殿を望む夜景.jpg

その後アルバイシン地区をうろうろ歩きまわりロスタラントスへ。
来るのが遅かったのか、すでに前から人がいっぱいでなんとか後ろの方だが座れた。
11時になってすぐに始まり、サングリアの1ドリンク付きを飲みながら見学。
踊りはすごくいいがなんせ眠い。12時半頃終了。
途中はだいぶ眠ってしまった。

186.ロスタラントスでフラメンコ.jpg

188.ロスタラントスでフラメンコ.jpg 190.ロスタラントスでフラメンコ.jpg

191.ロスタラントスでフラメンコ.jpg

バスでカテドラルまで送迎。12時50分頃到着。
1時40分就寝。ああ眠い。今日は遊びすぎ。
スペイン人は夜が遅い。
やっぱりシエスタは必要か。


【出費の記録】
=================================
タクシー    ∈3  
カフェBOCADILLERIA ∈9.4
フラメンコ ロスタラントス  23×2 = ∈46
王室礼拝堂  2.5×2 = ∈5
カテドラル  2.5×2 = ∈5
アルハンブラの本  ∈7.21
寄付  ∈0.04
昼食MEDITERRANEO イカスミパエリャなど ∈25
コインラドリー  ∈3.62
アルハンブラバス  0.85×2×2 = ∈3.4
コースター5枚  ∈13.5
カセット  ∈13
アルハンブラ宮殿 ¥4620
=================================
計 €134.17(¥16100)+¥4620

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月22日

Eレンタカーでマラガへ、道に迷いここはどこですか?

朝8時半起床。仕度をしてチェックアウト。
ハーツのレンタカー事務所まで歩いて10分ぐらい。
日本で予約した番号を書いたものを見せるとすぐに手続きしてくれた。
ガソリン付き、フルインシュランスで契約。4ドアの車だ。

マラガまでの道順を聞いて出発。N304のRotorill方面へ高速にのる。
道は広く走りやすい。快適。スピードも120制限なので、みんなどんどんとばしている。

途中雨も降った。左ハンドルでギアは右、ウインカーは左なので間違えやすい。
Rのギアはノブの下のところを上に持ち上げながら左前に入れるようになっている。
ライトはスイッチが2つあるがよくわからない。
ギャーギャー道はあっているかなどと言いながら、約2時間でマラガに。

マラガ市内は道が入りくんでいてわかりにくい。
パラドールの標識を発見し、なんとか到着。
このパラドールは日本から予約していった。
ここは丘の上に立っていて眺めがすばらしい。下には闘牛場が見える。

192.パラドールマラガヒブラルファロ入口.jpg 193.パラドールマラガヒブラルファロ入口.jpg

195.屋上のプール.jpg 196.屋上のプール.jpg

199.パラドールからの景色.jpg 200.パラドールからの景色.jpg

201.パラドールからの夜景.jpg 202.パラドールからの夜景.jpg

チェックインして車で市内のインフォメーションでまず地図をもらおう。
地図がないと車で動けない。しかし探すが道がわからずぐるぐるまわる。

ようやく車をそれらしき所に止めて、お腹がすいたので近くのBarで昼食。
スパゲッティやピザなどがあった。
日本語メニューもあって、店の人も親切だ。

ここがどこかわからなかったので、店の人に聞くと、教えてくれた。
やっと場所がわかった。
食べ終わり近くにピカソの生家があったので行ってみたが閉まっていた。

206.ピカソの生家.jpg

インフォメーションまで歩いて行って、ミハス、ロンダ、マラガの地図をもらった。
ロンダだけは有料だった。

車まで戻って、ミハスへ向かう。N304→Mijasの標識通りに進んだ。
ちょっと山道だが、約30分で到着。
ミハスの町を散策した。

209.市庁舎(ミハス).jpg 211.ビルヘンデラペーニャ広場.jpg

210.ミハスの街.jpg 212.ラペーニャ聖母礼拝堂.jpg

次にカサレスへ。
マルベーリャ方面へ向かい、N304をまっすぐ、エステポナを過ぎて、カサレスの標識を右に行く。
結構広い道だ。約2時間でカサレス到着。

215.カサレス.jpg 216.カサレス.jpg


こんな山の中にこんな町がぽこんとあって、不思議だ。
1時間ほど車を降りて街中を散策、坂道を登ったり、降りたりした。

219.カサレス街中.jpg

221.エンカルナシオン教会.jpg 224.ベラクルスの庵.jpg

19時前に出発。
再びN304を通り、途中2回高速(E5,A4)に入る道もあり、そっちへ行くと少し早いのでそっちを通って戻る。
マラガ市内はとても込んでいて道に迷いやすい。

暗くなってきてパラドールの標識を何回か見落とした。
見落とすとまたぐるっと丘のふもとを一周しないといけない。
標識通り丘を登っていくと、パラドールは丘の上なので最後の分岐点で違う方に行ってしまい、また丘を降りていったりしたが何回もぐるぐる周りながらやっと10時に到着。

レストランで夕食。予約がいるのだったが、なんとか席を用意してくれた。
食事はクーポンについているので、なんとしても食べないと。
飲み物は別なのでワインCaceresというのを頼んだ。∈10ぐらいだ。
魚貝類のスープはとてもおいしい。
そして白身魚を食べ、デザートはアイスクリーム(マンゴ、レーズン)を食べた。

シャワーを浴びて1時就寝。


【出費の記録】
=================================
グラナダのホテル     ∈33
高速代  2.98×2 + 2.02 = ∈7.98  
昼食(Bar)   ∈8.72  
夕食時飲み物(パラドール)ワイン、水 ∈13.66
ロンダの地図  ∈0.6
パラドールマラガヒブラルファロ ¥26500+630
=================================
計 €63.96(¥7675)+¥27130

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月21日

Fロンダでトラブル発生し、なぜか警官と握手

朝8時前起床。朝食はレストランでビュッフェ。
食べ終わって屋上のプールで写真を撮り、バルコニーで写真を撮り、10時頃チェックアウト。

車でロンダへ。
ロンダへはN304を通るのだが、これにのり損ねて、海岸沿いの道を通ってしまった。
途中で何回ものろうとしたが失敗。
結局そのまままっすぐ行って、N304と合流した。

海岸沿いの道はスピードをあまり出せないので、マルベーリャまで通常20分のところが1時間かかった。
そしてロンダへの曲がる道がわからず2回通り過ごし、またUターンして、やっとロンダへの道を見つけた。
しかし途中でまた違う方向に行ってぐるぐるまわりながらやっと1本道へ出た。

ロンダへの道は山道だが広く運転はしやすい。マラガから3時間半かけて(少しかかりすぎ)1時半ロンダ到着。
地下の駐車場に車を入れた。近くのBarでオレンジジュースを飲んでトイレ休憩。

そしてアラメダ・デル・タホ公園、闘牛場、パラドール、ヌエボ橋と見る。
ヌエボ橋を旧市街の方へ行きすぐ右の方へ行くと下に降りていくところがある。
そこは下からヌエボ橋が見える絶景のポイントだ。
途中右側にMIRADORという表示があるが、それは入るとお金を取るようだ。
そのまま下へ降りるとその絶景ポイントがあった。

230.ロンダ渓谷.jpg 231.ヌエボ橋.jpg

232.アラメダタホ公園から渓谷の下方を望む.jpg 236.闘牛場.jpg

237.スペイン広場とロンダのパラドール.jpg 238.ロンダのパラドール.jpg

さて車に戻り15時40分頃セビーリャへ。
ガソリンがないのですぐのガソリンスタンドに寄る。
ここはセルフで、入れ方がわからない。
スタンドの中にミニマーケットがありそこで聞くと自分で入れて、その入れた給油スタンドの番号を言ってお金を払うとの事だ。

辞書などを見ながらなんとか入れる。
車の給油口を開け、そこにノブを突っ込む。
ボタンがあり、画面で入れたい金額の数字を押し、有効を押す。
そしてノブを引くと入っていく。
設定した金額以上はノブを引いても入っていかないようになっている。
なんとか成功。出発と思ったところでアクシデント。

セビーリャ方面へ行くため、Uターンで左側からまわりこもうとしたら、バイクが左側側面に激突。
煙が吹く。どうやら2人乗りのバイクで怪我はなさそうである。
どうしたらいいのか考えているうちに、バイクの2人はどこかへ行ってしまった。
道の端に避けようとしたのだと思ったが、そのまま行方不明に。

242.事故.jpg

まわりから少年たち10人ぐらいがどうしたんだといろいろ聞いてきた。
Help meと言ったが、どうやらスペイン語しかわからない。
とにかく警察を呼んで欲しいとスペイン語で言った。
その中の1人が携帯を持っていて呼んでくれた。

すると1人のおじさんが来て、何か出来ることがありますかと聞いてくれた。
なんと英語がじゃべれる。
英語でいろいろしゃべり、警察は呼んだかとか、この後の手続きは警察が来たらレポートを書かないといけない。
その時にレンタカーの連絡先を書いておけば、フルインシュランスなので保険がきいて問題ないという。

5/1でホリデーなので警察も休んでいてあまりいないので来るのに20分ほどかかるという。
ちょっと用事があるので私は帰る。ここで警察を待っていれば大丈夫だという。
本当に助かった。ムーチャス グラシャス。

しばらく車も動きそうにないので、ロンダでテイクアウトしたパンとジュースを飲みながら待つ。
この事故で左側のエアバッグが膨らんだようだ。今まで気づかなかった。
このおかげで怪我せずに済んだのかもしれない。

しばらくして警察が来た。
いろいろ聞いてくるが、スペイン語なのでわからない。
車を運転してついて来いという。しかし車は動かなかったはずだが。

警察の人が見ると、動いた。なんだ。
そこからロンダのインフォメーションへ行く。
またパラドールのところに逆戻りだ。

インフォメーションの人は英語がしゃべれるので、仲介してもらい、結局レンタカー会社に連絡してレンタカー会社に事故の状況を説明して、レンタカー会社と警察でコンタクトをとってもらうように言われた。

警察からはしきりにバイクのナンバーを聞かれたが、覚えていない。
ロンダに来る途中にこれだと思われるバイクが見つかったが、形や色は覚えていてもナンバーを覚えていないのでダメだ。
警官と別れ際に握手を求められた。

車が動くのでこのままセビーリャへ向かう。
今17:50。A386を通りセビーリャへ。
途中ポツンと現れる白い村、そしてなだらかな平原。
この道はとても景色がよい。

243.セビーリャへ向かう途中の白い村と草原.jpg 244.セビーリャへ向かう途中の白い村と草原.jpg

19:30頃セビーリャ着、レンタカーの営業所へ。
車を返却し、アクシデントの話をするが、フルインシュランスなので全く問題ないという。
保険に入っててよかった。
そしてラジオが聞けるようにと少しランク上の車にしていたためエアバッグがあってよかった。

この後駅へ行き、ホテルを予約してもらった。
オスタルPuerta Carmonaというところで∈48。
タクシーで向かう。とてもきれいなオスタルだ。
部屋は少し狭いがバスはピカピカで湯の量も十分だ。

246.オスタルPUERTA CARMONA(セビーリャ).jpg

ここでフラメンコの予約をした。PALACE ANDURZというところだ。
10時からなのでサンタクルスの方へ。
外の席があるところで夕食をつまむ。
ここは前の店でテイクアウトして、向かいの店から飲み物を頼むというスタイルになっている。
魚やタラコの揚げたものとビールで少し腹ごしらえして、フラメンコへ。

249.エルパラシオアンダルースでフラメンコ.jpg

ここのフラメンコは約200人ぐらい入る観光客用のところでとてもきれい。
踊りは少しショー的なところがあるが、なかなか楽しかった。
1ドリンク付で10:00〜11:30。途中で写真を撮ってくれる。
ここの模様の入った扇子と台紙に貼った写真で∈7だ。いらないので買わなかった。

250.エルパラシオアンダルースでフラメンコ.jpg 251.エルパラシオアンダルースでフラメンコ.jpg

252.エルパラシオアンダルースでフラメンコ.jpg 254.エルパラシオアンダルースでフラメンコ.jpg

オスタルに戻り、オスタルに戻りシャワーを浴び就寝。今日は体が無事でよかった。

【出費の記録】
=================================
闘牛博物館  4×2 = ∈8
駐車料金 1.5h ∈3.2
Bar オレンジj 2.1×2 = ∈4.2
ハンバーガー,ジュース ∈10
ガソリン      ∈20
水        ∈1.5
タクシー     ∈5
Bar 魚,タラコフライ   ∈4.33
ビール       ∈3.7
レンタカー   ¥27405
=================================
計 €60.26(¥7231)+27405

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月20日

Gコルドバでホテルがなく途方に暮れる

朝8時半起床、9時半頃チェックアウト。
荷物を預かってもらう。

サンタクルス街のCafé IL GARIBALDIで朝食。
パン(野菜、肉詰め)と生クリーム入りコーヒー。
こちらの生クリームはものすごくいっぱいでコーヒーの方が少ないぐらいだ。

10時半頃アルカサルへ。
ここもアルハンブラの装飾と同じものがたくさんある。
順路がわからず、うろうろしながら見た。

265.ライオンの門.jpg 267.モンテリアの中庭に通じるアーチ(アルカサル).jpg

269.モンテリアの中庭と提督の間(アルカサル).jpg 270.ペドロ1世の宮殿 ファサード(アルカサル).jpg

272.提督の間(アルカサル).jpg 271.謁見の間「ブエンアイレの聖母」(アルカサル).jpg

273.人形の中庭(アルカサル).jpg 274.大使の間(アルカサル).jpg

276.乙女の中庭(アルカサル).jpg 275.モーロ王 夏の寝室(アルカサル).jpg

277.大池の庭園(アルカサル).jpg 278.王家の間へ通じる階段(アルカサル).jpg

279.王室祈祷所(アルカサル).jpg 280.王室祈祷所「アンティグアの聖母」(アルカサル).jpg

281.マリアデバリージャの浴場(アルカサル).jpg 282.庭園(アルカサル).jpg

12時半頃カテドラルへ。ここも見所がいっぱい。
ヒラルダの塔へ登るところが、遠足などで混みあっていた。

283.カテドラル外観.jpg 285.カテドラル.jpg
284.カテドラル内部.jpg 286.カテドラル内部.jpg

291.主祭壇.jpg 292.主祭壇.jpg

294.聖歌隊席背部.jpg 295.コロンブスの墓.jpg

298.ヒラルダの塔.jpg 304.オレンジのパティオからヒラルダの塔.jpg

299.ヒラルダの塔からアルカサルが見える.jpg 300.ヒラルダの塔からマエストランサ闘牛場が見える.jpg

301.ヒラルダの塔の上から.jpg 302.ヒラルダの塔の上から.jpg

303.ヒラルダの塔の鐘.jpg

14時半頃El Rincon de PepeでFormula Pepeという定食を食べた。
ガスパチョとパエリャとパイナップルのデザートでビールとシェリー酒をつけ∈19.28だ。

その後、救済病院とスペイン広場をまわって、

309.救済病院内のパティオ.jpg 307.救済病院内の教会.jpg

305.スペイン広場.jpg

タクシーでホテルに戻り、荷物をとって、バスターミナルへ。
17時のバスに乗ろうとしたが、もう5分前でチケットを売ってくれず、18時のバスに乗ることになった。

314.コルドバ行きのバスターミナル.jpg

18時までバスターミナルで時間をつぶし出発。
荷物は自分で下の荷物入れに入れる。席は自由。
途中なだらかな丘や草原を見ながら、20時頃コルドバ着。

315.コルドバへ行く途中の草原.jpg

ホテルをとるため、駅のインフォメーションに行くが閉まっている。
仕方ないので、ポトロ広場周辺のオスタル目当てにタクシーで行く。
何件も回ったがどこもいっぱい。

最後のオスタルで、この辺は全部いっぱいだよ。
こっちの方の少し大きいホテルに行ってみたらどうと言われ、少し遠いが歩いて行く。
荷物が重い。しかし、行ったがここもいっぱい。

途方に暮れているとホテルの人が他のホテルを聞いてあげましょうという。
何件も電話をかけて聞いてくれた。
そして1つシングルだったけどベッドが大きいのでというところがあった。
今は祭りでどこも難しいという。
タクシーもホテルの人が呼んでくれた。とても親切だ。

タクシーで紹介してもらったホテルロスガリョスへ(駅から少し南)。
3つ星ホテルで一度部屋を見せてもらった。
ベッドも普通より大きいのでOK。∈60+朝食∈8×2だ。
7階で、テラスが広く出れるようになっている。
そこからの景色がいい。
水の出は充分ではないが、まあまあなんとかの野宿せずにすんだ。

そのあたりで夕食。
その前に陶器セラミック市をやっていたので、少し覗いて中華レストランに入った。
久しぶりの中華。2人分のセットメニューがあったのでそれを頼む。
焼き飯、牛肉・鶏肉の炒め物、野菜サラダ、プリン、春巻、ワインで∈15.4。
味は少し辛くいまいちだった。量は多いが。

ホテルに帰り、シャワーを浴びて12時就寝。


【出費の記録】
=================================
オスタル Pueruta carumona ∈48
フラメンコ  26.5×2 = ∈53
闘牛のポストカード  0.5×2 = ∈1
バス(セビーリャ→コルドバ) 8.28×2 = ∈16.56
タクシー(バスターミナルまで)  ∈5
エル・リンコン・デ・ペペ(ガスパチョ,パエリャ,パイナップル,ビール,シェリー酒) ∈20
アルカサル   5×2 = ∈10
カテドラル   6×2 = ∈12
救済病院  3×2 = ∈6
朝 カフェテリア   ∈4.3
アイスクリーム  1.9×2 = 3.8
アルカサル ガイドブック  ∈3.5
水  ∈1
夕食(中華)(CHINO CHINA TOWN) ∈15.4
タクシー  5×2 = ∈10
チップ  ∈1
=================================
計 €210.66(¥25279)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月19日

HコルドバではCruz de Mayo開催中だった

朝7時半起床。
ホテルのビュッフェの朝食をとって少し休憩し、9時頃出発。

歩いて駅へ。約10分。荷物を預ける。
コインロッカーがあったが、書いてあるとおりにやるのにうまくいかない。
困ってると、隣で入れようとしている人も困ってるみたい。
でもうまくいった。聞いてみると壊れているのではという。

3回目の違うロッカーに入れてやっと成功。
まず荷物を入れ、閉めると金額表示の欄があるので、その額を入れるとレシートが出てくる。
レシートには番号が書いてあり、出すときに番号を入力すれば開くようになっている。

やっと荷物を預け、次にAVEのチケットを買う。
前売りと当日のチケットに分かれているようで、前売りは番号の書いてある紙をとって、順番に表示が出たらいく。
当日は窓口に並ぶ。

チケットを買って、タクシーでメスキータへ。
メスキータはイスラム教のモスクで、その中にキリスト教徒が無理やりカテドラルを作ったというなんかへんな建物だ。

323.免罪の門(メスキータ).jpg

321.オレンジの中庭(メスキータ).jpg 327.馬蹄形アーチ(メスキータ).jpg

330.ぢぃお気に入りの絵.jpg 332.メスキータ.jpg

333.馬蹄形アーチ(メスキータ).jpg 334.ビジャビシオッサ礼拝堂.jpg

335.ミーラブ.jpg 337.カテドラル.jpg

338.カテドラル.jpg

約1時間で見て、次にアルカサルへ。
今日は金曜日なので無料で入れた。ここは庭園が花いっぱいですばらしい。

342.アルカサル.jpg 343.アルカサル.jpg

344.アルカサル.jpg 345.アルカサル.jpg

次にユダヤ人街(土産物屋の通り)や花の小道の散策。

360.ユダヤ人街.jpg 362.ユダヤ人街.jpg

358.花の小路.jpg 359.花の小路.jpg

花の小道では日本人のツアー客にも会った。
ここはちょうどメスキータの塔が見える撮影ポイントで、みんな順番に写真を撮っている。

322.モナレット(メスキータ).jpg

途中にCruz de Mayo(5月の十字架)というのをやってて、よくわからないが、最優秀パティオを公開して、見てほしいということらしい。

355.Cruz de Mayo(5月の十字架)最優秀パティオ.jpg 353.Cruz de Mayo(5月の十字架)最優秀パティオ.jpg

354.Cruz de Mayo(5月の十字架)最優秀パティオ.jpg 352.Cruz de Mayo(5月の十字架)最優秀パティオ.jpg

ユダヤ人街をブラブラし、途中カフェで昼食しながら時間を過ごした。
黄金の塔へも行ったが、55分のガイドツアーでないと入れないみたいで、時間がかかるのでやめた。

311.黄金の塔.jpg

みやげ物は革製品、皿、タイルが有名で、タイルを買おうと思ったが、いまいちいいのがなくてやめた。

15時になったのでタクシーで駅へ。
15:42のAVEでマドリッドへ。
AVEは日本の新幹線のようなもので、静かで早く快適だ。
たまたま向かい合わせに座ることになり、机付きのところだった。

365.AVE(新幹線)でマドリッドへ.jpg 366.マドリッド アトーチャ駅.jpg

マドリッドに到着。駅のホテル予約所で、ホテルの予約をした。
オスタルアメリカというところを紹介してもらった。
オスタルは∈45〜、ホテルは∈75〜というので、オスタルにした。

途中で嫁がこっちで一緒に説明を聞こうとしたら、案内所の人があなたは荷物を見ていてと怒られた。
やはり置き引きが多いのだろう。

タクシーでオスタルアメリカへ。
グランビアという繁華街から少し北へ入ったところにある。
部屋は広くシャワー付き、TV付きだ。但しシャワールームは少し狭い。

411.オスタルアメリカ(マドリッド).jpg 412.オスタルアメリカ(マドリッド).jpg

少し休憩して貴重品は全部部屋へ置き、プエルタデルソル、マヨール広場へ。
インフォメーションで地図をもらう。

415.プエルトデルソル.jpg 418.マヨール広場.jpg

途中歩いていると、地図を広げて近づいてくる2人の女性がやってきて、声をかけられたが明らかに怪しいので、No , Noといって追い払った。さっさと去っていったが、嫁のバッグばかり見ていた。

バスの時間はバスターミナルに行かないとわからないようなので、南バスターミナルへ行った。
コンスエグラへのバスの時間を確認し、ソルまで戻り、今日はどん底という日本食レストランで幕の内弁当と日本茶を食べた。
煮物や刺身、味噌汁があり、久しぶりに日本食を食べておいしかった。

420.どん底(日本料理).jpg

歩いてホテルに戻り、シャワーを浴び11時就寝。


【出費の記録】
=================================
コインロッカー   ∈3      
タクシー(メスキータまで)   ∈4
AVE 45.82×2 = ∈91.64
ホテルロスガリョス  ∈76
メスキータ  6.5×2 = ∈13
カフェ(プレート、ビール2) ∈12.7
テレホンカード  ∈6.01
タクシー(駅まで) ∈4
オスタルアメリカ 16 + 手数料2.4 = ∈18.4
タクシー(オスタルアメリカまで) ∈4
夕食(どん底) ∈23
メトロブス  5×2 = ∈10
コンビニ(ジュース、ヨーグルト) ∈4
ガム   ∈0.75
=================================
計 €270.5(¥32460)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月18日

I風車のあるコンスエグラ、そしてトレド観光

朝6時半に起きるつもりが7時に起き寝坊した。
すばやく支度をして7時15分に出る。

地下鉄でバスターミナルへ。あと10分。
チケット売り場が並んでいる。5分前やっとチケットが買えた。
ダッシュでバスのりばへ。しかしのりばがどこかわからない。
聞きながらなんとか間に合った。
バスはSamur社のバスで、座席は指定されている。

370.コンスエグラバスターミナル.jpg

8時出発、9時15分頃トレド着、ここでバスを乗り換えろと言われた。
コンスエグラへの途中の停留所はバス停らしき印がないが、コンスエグラは一応バスの停留所らしくなっている。

10時40分着。歩いてすぐスペイン広場に出る。

371.スペイン広場(コンスエグラ).jpg

人通りが少なく静かだ。そして風車に向かって登っていく。
のぼりは階段があり少しきついが、1機目の風車に到着。
2機目はインフォメーションになっていて、トイレがどこにあるか聞くが、壊れていて下に下りないとないという。

375.コンスエグラ風車.jpg 374.コンスエグラ風車.jpg

さらに城の方向に行くと、城の前には観光バスらしきものが見えた。
今まで観光客らしき人はほとんどいなかった。
城の前で写真を撮って戻っていく。

380.城もある.jpg

城の向こうには風車が7機ある。手前には4機で全部で11機。
尾根沿いにあって景色がすばらしい。しばらく座ってボーっとする。
ここから闘牛場やサッカー場も見える。こんな小さな町にも闘牛場はあるのだ。
寒くなってきたので降りる。

376.コンスエグラ風車.jpg 377.コンスエグラ風車.jpg

378.丘の上から闘牛場が見える.jpg 379.丘の上からコンスエグラの街を望む.jpg

1機目は店になっていて、アイスクリーム、お菓子、サフラン、オリーブ油などを売っている。
サフランとお菓子を買って降りる。

バス停のところのカフェでコーヒーとドーナツを食べる。
まだ1時間ほど時間があるので、並木道のベンチでボーっとする。
嫁はこの間水道があったので歯を磨いていた。

13時半頃出発、15時頃トレド着。歩いて約20分でカテドラルに。

383.トレドの街.jpg 384.ビサブラ新門(トレド).jpg

387.カテドラル(トレド).jpg 388.主礼拝堂の中央祭壇.jpg

途中昼食にPerdizとガスパチョを食べる。
Perdizはトレドの名物料理でいうシャコという野鳥である。
ここでシェリー酒をサービスしてくれた。

その後エルグレコの家と美術館、サントトメ教会に行く。

389.エルグレコの家.jpg 392.サントトメ教会.jpg

土産物屋でマサパンというトレドの銘菓を買って帰る。
19時半のバスでマドリッドへ。20時半頃着。

バスターミナルでサンドイッチを買ってホテルへ。
今日は9時半にホテルに着いて、夕食はサンドイッチ、ヨーグルト。
今日は軽食でシャワーを浴び寝る。

【出費の記録】
=================================
バス(コンスエグラまで)  5.74×2 = 11.48
サフラン  ∈3
お菓子  ∈0.6
カフェ(コーヒー2,ドーナツ2,カステラ1) ∈4.3
バス(コンスエグラ→トレド) 3.59×2 = ∈7.18
カテドラル  4.8×2 = ∈9.6
昼食(ペルディス,ガスパチョ,ビール) ∈45
サントトメ教会  1.2×2 = ∈2.4
バス(トレド→マドリッド) 3.76×2 = ∈7.52
菓子(MAZAPAN) ∈23.41
サンドイッチ  ∈3.4
ヨーグルトジュース,ヨーグルト  ∈3
=================================
計 €120.89(¥14507)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月17日

Jプラド美術館は見応え抜群、雨の中闘牛

朝7時45分起床。地下鉄でプラド美術館へ。
9時〜だが、10分前に到着。
並んでる人は1人なので、2番乗り。

430.プラド通り.jpg 431.プラド美術館入口.jpg

今日は日曜なので、無料だ。しばらく待って入場。
荷物を預けてみて回る。カメラはフラッシュなしならOKだ。
ブックショップでガイドブックを買ってみて回る。

433.受胎告知(アンジェリコ).jpg 434.枢機卿の肖像(ラファエロサンツィオ).jpg

435.天使に支えられる死せるキリスト(アントネルロダメッシーナ).jpg 436.聖母子像(ジュリオロマーノ、ラファエロサンディ).jpg

440.デカメロンの一場面(ボッティチェルリ).jpg 437.ノリメタンゲレ(我に触れるな)(アントニオアルレーグリダコルレッジオ).jpg

絵のことはよくわからないが、さすがに目をひきつけるというか、迫力がある。

443.聖母子(ペトルスクリストゥス).jpg 444.イサベルクララエウヘニア王女(アロンソサンチェスコエリョ).jpg

445.快楽の園、ヤマモモの絵(ボッス).jpg 446.ステュクス川の渡し船(ヨアキムパティニール).jpg

447.最後の晩餐(ファンデファネス、ビセンテファンマシプ).jpg 448.jpg

453.侮悛するマグダラのマリア(ホセデリベラ).jpg 454.三美神(ペーテルパウルリュベンス).jpg

一応ガイドブックに載ってる有名そうなのはほとんど見て回った。
多くて1階だけ見るのに1時間半。おなかがすいた。

459.胸に手を置く騎士(ドメニコステオトコプーロズエルグレコ).jpg 460.キリストの復活(ドメニコステオトコプーロズエルグレコ).jpg

462.1808年5月3日:プリンシペピオの丘の銃殺(フランシスコデゴヤ).jpg 461.受胎告知(ドメニコステオトコプーロズエルグレコ).jpg

463.カルロス4世の家族(フランシスコデゴヤ).jpg 464.わが子を喰うサトウルフ(フランシスコデゴヤ).jpg

466.織女たち、アラクネの寓話(ディエゴベラスケス).jpg 465.チンチョン女伯爵(フランシスコデゴヤ).jpg

467.酔っぱらいたち、バッコスの勝利(ディエゴベラスケス).jpg

468.ラスメニーナス、フェリペ4世の家族(ディエゴベラスケス).jpg 469.無原罪の御宿り(バルトロメエステバンムリーリョ).jpg

今日は朝食がまだなので、館内のレストランで朝食。その後2階、3階を見て回った。
見終わったのは1時過ぎ。

次に歩いて10分、ソフィアへ。これまた日曜なので無料だ。
ここはピカソのゲルニカがある。
3階にあるので、まず3階に行く。
これまたガイドブックを買って行く。
ここはカメラ撮影禁止だ。

429.ソフィア王妃芸術センター.jpg

3階にはピカソ、ダリ、ミロなどの作品がある。
14時半で終了なので4階は見れず。
作品の展示はこの2つの階だけである。
14時半になるとトイレにいる人も追い出される。

その後マドリッドビジョンのバスに乗る。
マドリッドビジョンは市内3コースあって、バスが巡回している。
2階建てバスで、2階はオープンになっている。

422.ラインディペンデンシア広場のアルカラ門.jpg 423.シベレス広場のシベレス噴水.jpg

ヘッドホンでの日本語解説付きで市内をまわる。
座っているので楽だ。1日券で3つのルート乗り降り自由のチケットを買った。
16時20分までこれでまわった。1周ちょっと回れた。

424.コロン広場.jpg 426.コロンブスの塔.jpg

427.王宮横のアルムデナカテドラル.jpg 428.カノバスデルカスティーリャ広場 ネプチューンの噴水.jpg

その後闘牛場へ。駅に着くと雨が降ってきた。
露店が出ていて人もちらほら。雨がきついのでしばらく雨宿り。

472.ベンタス闘牛場.jpg 471.ベンタス闘牛場.jpg

そして5時半頃切符を買いに行く。雨は小降りだ。
雨でもやるのだろうか。よくわからない。
しかし、どうやらやりそうな雰囲気だ。人もだんだん増えてきた。

473.ソルイソンブラの切符売場.jpg

開始は6時半のようだ。
切符はANTIDOSの SOL Y SOMBLAを買うつもりだったが、間違ってANTIDOS ALTOのSOL Y SOMBLAになってしまった。
ANTIDOSより少し上だがまあいいだろう。
SOLとSOL Y SOMBLAとSOMBLAの発売窓口は分かれている。

少し時間があり寒いので、近くのカフェでお茶をする。
そしてカッパを買って入場。

場所はわかりやすく表示してあり、案内の人がいて案内してくれる。
席は石の席で雨で濡れていた。
こういう時のためにザブトンを有料で貸してくれるので、借りた。
雨も少し降っているので入場口のところで頼んで外に出してもらいカッパを買ってまた入場。
始まると入場口が閉まるので、5分だけだよと言われた。

さあ試合開始。人は雨のせいか少ない。
一番上とその下の席は屋根がついているので濡れない。
そこはいっぱいだった。われわれはカッパを着て観戦。

475.ソンブラ側 主宰者席.jpg 476.闘牛開始 入場.jpg

ルールはガイドブックを見るが、いまいちよくわからない。
見ているうちにだんだんなんとなくわかってきた。

478.ピカドールの場~銛の場.jpg 479.ピカドールの場~銛の場.jpg

480.闘牛士の登場 真実の瞬間.jpg 483.闘牛士の登場 真実の瞬間.jpg

闘牛士が牛を一発でやっつけると拍手喝采だが、1人逆に失敗して牛に突付かれる場面もあり、観客からブーイングの嵐だ。
今日の闘牛士はいまいちうまくないようだ。約3時間で終了。

484.牛の死.jpg 485.連れていかれる.jpg

486.弱りすぎた牛は他の牛におびき寄せられそのまま退場.jpg

メトロでAnton Martinへ。Diamantinoでビュッフェの夕食。
ここはいろんな種類のものがバイキング形式で食べられてよい。
飲み物は別料金だ。腹いっぱいになってメトロでホテルへ。
11時到着。


【出費の記録】
=================================
プラド美術館ガイドブック  ∈8    
王妃芸術ソフィア美術館ガイドブック  ∈8
朝食(プラド美術館カフェ) ∈8.45
水  ∈2
マドリッドビジョン 2人で  ∈21.64
闘牛  19.5×2 = ∈39
カフェ(パン,コロッケ,コーヒー2) 4.82 + 1×2 = ∈6.82
豆菓子、ナッツ菓子  ∈8
カッパ  6 + 2 = ∈8
ザブトン  1×2 = ∈2
夕食(Diamantino)(ビュッフェ+オレンジj+ビール) ∈18
水   ∈0.75
=================================
計 €130.66(¥15679)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月16日

Kセゴビアの水道橋と白雪姫のモデルアルカサルへ

朝8時頃起床。
Prencipe Pieまで行って、バスターミナルのカフェでコーヒーとパンの朝食を済ませ、9時半のバスでセゴビアへ。
往復の切符を買うと、少し割安になる。11時頃到着。

すぐに歩いて水道橋へ。
ここの水道橋はローマの時代のもので石を組み合わせて出来ており、なんと一切接着するのものは使っていないらしい。
なぜ崩れないか不思議だ。

395.ローマ水道橋(セゴビア).jpg 396.ローマ水道橋(セゴビア).jpg

そしてカテドラルへ。今回の旅行で最後のカテドラルだ。
スペインではもうカテドラルばかり見ている。必ず町に1つカテドラルがあるのだ。

399.カテドラル(セゴビア).jpg

見終わって、アルカサルへ。ここは白雪姫のモデルになった城だ。
中に入って見学。ここからの眺めはとてもよい。

404.アルカサル(セゴビア)白雪姫のモデル.jpg 407.アルカサル(セゴビア).jpg

408.アルカサル(セゴビア).jpg 406.アルカサル(セゴビア).jpg

おせっかいな外人さん、いや親切な外人さんに景色をバックにどう。
撮ってあげるよというので、写真を撮ってもらった。

405.アルカサル(セゴビア).jpg

おなかがすいたので水道橋の向こうの少し坂を上がったところにあるCasa Chapeteという店で子豚の丸焼きを食べた。
ここは日本語で店の前に子豚の丸焼きとかいてある。
ここのコースは∈14.4でスープ3種から1つと子羊の丸焼きのどちらか1つとデザート3種のうちどれかが選べるようになっている。
日本語でちゃんと書いてある。飲み物も込みで愛想もよくとてもよい。
スープはカステーリャのスープを食べたがとてもおいしく、豚の丸焼きは皮がパリパリでおいしかった。

食べ終わって14時半のバスでマドリッドに戻る。
14時半のバスは直通ではなく何回か止まるが、時間的には直通とあまりかわらなかった。

4時過ぎに着いて歩いて王宮へ。約15分後王宮に入る。
王宮のガイドを買って中に入る。順路通りに回れてとてもわかりやすい。
しかしなぜこんな豪華な部屋がこんなにたくさんあるのだろう。

489.王宮とアルメリア広場.jpg 494.王座の大広間.jpg

495.ガスパリーニの広間.jpg 496.饗宴の食堂.jpg

491.大階段.jpg

492.大階段天井の絵画.jpg 493.列柱の大広場天井の絵画.jpg

一通り見終わってアルメリア広場には馬に乗った人がイギリスで言うと衛兵交代のような練習をしていた。

490.王宮とアルメリア広場.jpg

その後フラメンコの予約をしようとカフェチニータスへ行ったが閉まっていた。
仕方がないので、また非常に寒いのでホテルに戻る。
18時だ。
ホテルでフラメンコの予約を出来るかどうか聞いたが∈46のところで高いのでやめた。

少し一服して、19時半頃ソルのエルコルテイングレスへ行ってCD屋と食料品売り場をうろうろした。
スペインは何でもビッグサイズで量が多い。

少し買い物をして雨も降ってきたので10時頃夕食をホテルの近くのお持ち帰りビュッフェで持ち帰ってホテルへ戻る。
シャワーを浴び12時頃就寝。


【出費の記録】
=================================
バスターミナルのカフェ(パン+コーヒー)    ∈4  
バス(セゴビア⇔マドリッド)往復割引 8.64×2 = ∈17.28
カテドラル  2×2 = ∈4
アルカサル  3.1×2 = ∈6.2
昼食(豚の丸焼き定食)  ∈30
お菓子+ヨーグルト+ジュース  ∈2.5
スーパー(プリン,スープ,ナティラス,ナッツ菓子) 1.29 + 1.05 + 1.14 + 2 = ∈5.48
夕食(テイクアウト)  ∈7.42
スーパー(ジュース)  0.9×2 = ∈1.8
王宮  6.1×2 = ∈12.2
王宮ガイドブック  ∈6.65
=================================
計 €97.53(¥11704)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年06月15日

L帰国

ホテルをチェックアウトしタクシーで空港へ。
9時45分発の飛行機でフランクフルトへフランクフルトで乗り換え13時25分の飛行機で関空へ。
8日朝7時50分着。

498.スペインエアー.jpg

途中嫁が急におなかが痛くなり、私は違う席へ、嫁はずっと横になっていた。
関空についてからも調子悪く、タクシーで家に帰った。
なんとかたどりついた。お疲れ様。

【出費の記録】
=================================
ホテルアメリカ  ∈80
タクシー(空港まで)∈18
=================================
計 €98(¥11760)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ

posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | スペイン旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホテルを一番安く取る方法はこれ!!
Hotels.comで10泊に1泊無料+キャッシュバック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


カテゴリ
検索
 


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。