夫婦でおでかけ♪ 海外旅行記

夫婦で海外へ行った時の旅行記です。
 

カテゴリー:タヒチ&イースター島旅行記

2002年01月31日

@新婚旅行 タヒチ&イースター島

新婚旅行は張り込もうとタヒチ&イースター島に決まりました。
タヒチでゆっくりし、メインはイースター島。
モアイに会いたい!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
日程
1月2日(水) 夕方関空発→パペーテ着 パペーテ泊
1月3日(木) パペーテ→ボラボラ島 ボラボラ島泊
1月4日(金) ラグナリウム ボラボラ島泊
1月5日(土) シュノーケリング、カヤック、サファリツアー ボラボラ島泊
1月6日(日) ボラボラ島→ランギロア島 ランギロア島泊
1月7日(月) ティプタパス、アヴァトル散策 ランギロア島泊
1月8日(火) ピンクサンドビーチバーベキューツアー ランギロア島泊
1月9日(水) ティプタパスドリフトシュノーケリング ランギロア島→パペーテ パペーテ泊
1月10日(木) モーレア島1日観光 フルーツジュース工場、ベルベデーレ展望台、ティキビレッジ
      パペーテ→イースター島 機内泊
1月11日(金) ラノカウ、オロンゴ、アフビナプ イースター島泊
1月12日(土) アフバイフ、アフアカハンガ、アフトンガリキ、ラノララク、テピトクラ、アナケナビーチ
      イースター島泊
1月13日(日) ブナパウ、アフアキビ、アナテパフ、アフタハイ、アナカイタンガタ
      イースター島→パペーテ パペーテ泊
1月14日(月) マルシェ パペーテ泊
1月15日(火) 朝パペーテ発→
1月16日(水) 夕方関空着
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

年賀状ができんまま、自宅を出発。
バタバタ親を駅まで送ってそのまま駅前のバスターミナルへ。
もうバスが来ている。乗りますよ。セーフ。一路関空へ。

チェックインして、3階のテイクアウトコーナーでコーヒーを飲みながら、さあ年賀状。
バタバタ。あ〜ハガキがあと20枚ぐらい余っている。
タイムリミット。郵便局へダッシュ。両替へダッシュ。

イースター島で米ドルがいるので両替しておいたほうがいい。さあ17:35出発。タヒチへ。
あ〜、引き菓子のイワイタイのしっぽが切れてしまった。いつ食べよう。

1.エアタヒチヌイでタヒチへ.jpg


エアータヒチヌイの機内食はまあまあおいしい方か。でも座席はエコノミーなのであいかわらず狭い。
11時間のフライトの途中で上からボラボラ島などの島が見え、到着。

3.ボラボラ島.jpg

暑い、眠い。空港につくとティアレタヒチのレイをしてくれた。
入国手続きは時間がかかったが、現地旅行会社タヒチヌイトラベルの出迎えでホテルまで送迎。
11時頃マンダリンホテルにチェックイン。すぐに部屋を使わせてくれた。
部屋はまあまあの中級ホテルという感じ。便器が少し汚かった。
シャワーを浴びて落ち着く。

10.ル・マンダランホテル(パペーテ).jpg

少し休憩し、銀行で両替、ここで30分のロス。
続いてバイマショッピングセンター内にあるタヒチヌイトラベルに行き、モーレア島ドルフィンクエストを申し込もうと思ったが、昼休み中でクローズ。仕方ないので後日電話することにした。

15.ヴァイマショッピングセンター.jpg

その後ユーロップカーに行き、レンタカーを借りる。
タヒチ島の観光は今日しかないので少し疲れていたが、島内1周だ。
暑いので少し高いがエアコン付きの車にし、出発。
左ハンドルで右側通行なので戸惑ったがパペーテ市内を脱出すればあとは1本道だ。

24.レンタカーFiat punto.jpg

まず小さなスーパーでパンや飲み物などをGET。
そしてCarreforeという大きなスーパーがあったのでそこに寄る。
なんか車が少ないと思ったら、まだ正月休みらしい。
仕方ないので嫁がそこで車の練習。

26.カルフール.jpg


次にタヒチ博物館に行く。
右に入るところの看板がとても小さいのでわかりにくいが、なんとか見つけてたどり着いた。

次にマラアの洞窟に寄った。しかし看板には違う名前が書いてあった。
場所的にはここのはずなのだが。

36.マラアの洞窟.jpg

そして次にゴーギャン博物館へ行く。4時半で閉まると言われたがOKと言って入った。

33.ゴーギャン博物館.jpg 35.最後のアトリエの復元(ゴーギャン博物館).jpg

すばやく見てまわって次に途中滝によってからアラホホの潮吹き穴に寄った。
ゴオーという音を立てて道路の脇から潮が吹き出してくる。
この辺のビーチは黒砂のビーチになっている。

次にビーナス岬に寄る。ここは灯台やビーチがあり、夕日がきれいなポイントだ。
ちょうど夕日が沈む頃だった。

夕日鑑賞後パペーテ市内へ、ガソリン満タン返しなのでガソリンスタンドへ行く。
ガソリン代は日本と同じぐらいか。

8時頃無事レンタカーを返却しホテルで休憩後ルロットへ行く。
9時だというのに多くの人、そして公園内では生演奏、飾り付けもしている。
海寄りのルロットでポアソンクルーとシャオメンを食べた。とてもおいしかった。
11時過ぎに就寝。


22.ルロット(屋台).jpg



【出費の記録】
航空券、ホテル
関空−タヒチ、タヒチーイースター島 往復、宿泊費 51000x2=¥1020000
(エアタヒチヌイ航空、ランチリ航空、メルシーツアー手配)

ホテルの予約はこの方法が一番です→ホテルを一番お得にとる方法
(Hotels.comで10泊すると1泊分無料+キャッシュバック)

=================================
空港バス 1300x2=¥2600
ヨーグルト、プリン、紅茶 ¥1438
出国税 2650x2=¥5300
=================================
計 (¥9338)

1F=¥1.03
=================================
水     100×2=200F
レンタカー   11730F
虫除け薬    1140F
パン、ジュース、水、バナナ、菓子(スーパー)  526F
タヒチ博物館   600×2=1200F
ゴーギャン博物館 600×2=1200F
レターセット   1270F
ライター    250F
ガソリン     1000F
シャオメン、ポアソンクルー、パインジュース、コーク(ルロット) 2450F
クレープ(ルロット)  1010F
=================================
計 21976F (¥22635)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ



posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | タヒチ&イースター島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年01月30日

A海がきれいはずのボラボラ島へ

朝7時半起床。昨日買ったクレープを食べて、8時に迎えが来た。
車で空港へ。スムーズにチェックインしエアータヒチでボラボラ島へ。

左側がいいというので左側に乗った。
途中でファヒネ、ライアテア、タハアの島が見えた。

ボラボラ空港へ着くと日本人ガイドの小林まゆみさんが迎えに来ていた。
エアータヒチのボートに乗ってヴァイタペの港へ。さすがに水がきれい。日差しは強い。
なんと紫外線はハワイの4倍らしい。ホテルに到着。
ホテルはボラボラビーチコンバーインターコンチネンタルリゾート。
水上バンガローのあるホテルだ。

40.ボラボラビーチコンバーインターコンチネンタルリゾート.jpg

チェックインは2時なので時間をつぶさなくてはならない。
アクティビティーデスクへ行ったが、休憩中でいない。
浜辺のレストランでランチをした。ハンバーガー+ポテトで2000円もする。高い。

その後チェックイン。
水上バンガローのベッドにはティアレタヒチの花、ハネムーンサービスでシャンパン付きだ。
でも、眠いし、疲れた。シャワーを浴びて2時間ほど寝る。

43.ホライズン水上バンガロー20番.jpg

風が通ってここちよい水上バンガローだ。
でもサイクロンの影響で水が濁っていて、魚が死んで浮いていた。
ここ1ヶ月ぐらいずっと雨でタヒチ周辺はかなり被害を受けているらしい。
死んだ魚は流れの関係で全部マティラ岬の方へ流れてきているらしい。
ホテルからは魚がいっぱい死んでいて申し訳ないというメッセージが入っていた。

ぐっすり寝て写真を撮ろうと思ったらカメラがない。ああショック。
レセプション、レストラン、アクティビティーデスクにも聞いてみたがない。

仕方ないのでレストランでパンをもらってガラステーブルから魚に餌をやる。
さっきより水が少し澄んできて魚も少し増えてきた。でもあまり食べない。おいしくないのだろうか。

51.サイクロンの影響で水が濁っている.jpg

その後アクティビティーデスクで明日のラグナリウム、あさってのジープサファリを申し込む。
その後歩いて10分ぐらいの所にあるティアレマーケットで使い捨てカメラや水、帽子などを買う。
カメラ1つ1700円×5コ。痛い出費だがこの際仕方がない。

そしてホテルでディナー。とても高いが今日はママショーがある。
前菜はマグロのサシミ。小エビのココナツあえ、マヒマヒのバニラソース、ポーク、チキンのほうれん草あえ、デザートはアイスクリーム、タルトだ。

食事の後、ショーが始まる。嫁も前で踊った。葉で編んだバッグをもらって帰った。

部屋に戻ってハネムーンサービスのシャンパンで乾杯。
南十字星を探しにベランダへ出たが見つからない。
風呂に入って、11時頃就寝。


【出費の記録】
=================================
マヒマヒバーガー、パニーニ、水(昼食)(ホテルレストラン)  3620F
帽子      1450×2=2900F
絵はがき   69×7=483F×116%=560F
水      127F×106%=135F
ヨーグルト(4個)    259F×106%=275F
使い捨てカメラ   1703×5=8515F×116%=9877F
サンダル        429F×116%=498F
ゴム          353F×116%=409F
夕食タヒチアンコース   5885F×2
フルーツシェイク     900F
パパイヤジュース    900F
=================================
計  31844F (¥32799)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ
posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | タヒチ&イースター島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年01月29日

B初のカヌーブレックファースト、そしてラグナリウムで遊ぶ

今日は6時すぎ朝日でめざめる。再び寝る。7時半起き。

今日の朝食はカヌーBFだ。
8時すぎいきなり登場。男の人2人で普段着で来る。雰囲気はいまいち。
部屋の中まで運んでもらった。量はもりだくさん。ゆっくり食べる。
今日は昨日より水が澄んでいる。魚にパンをやるといっぱい寄ってくる。

54.カヌーブレックファースト.jpg 55.カヌーブレックファースト.jpg

午前中はボーっとする。
ちょっとアクティビティデスクに行ってラグナリウムのチケットをとってくる。
そして写真をパチパチまた部屋に帰ってボーッとする。

昼すぎまでゆっくり、とても気持ちいい。

13時45分にロビーに行く。
ラクナリウムツアーへ出発。車でラグナリウムの対岸まで行く。運転がとても荒っぽい。
そこからカヌーでラグナリウムへ。ラグナリウムはモツの近くにある。
途中メリディアンホテルを経由した。ここからのオテマヌ山はとても眺めがよい。

91.ラグナリウム.jpg 95.モツからオテマヌ山を望む.jpg

早速ラグナリウムへ。まずは海ガメを抱いて写真。エイやたくさんの魚がいる。
その他サメもいるらしいが見つからない。最後にサメとマグロの餌付けをする。
大きいサメや中サメ、小サメといっぱい。マグロもものすごいスピードでエサを食べた。

97.ウミガメ.jpg 101.サメ.jpg

106.パンをあげると魚がいっぱい.jpg

そして休憩。フルーツを食べた。特にバナナはおいしかった。パレオの着方も教えてくれた。
16時にカヌー&車で帰る。

帰ったら嫁がいない。シャワーを浴びて一服していたら帰ってきた。
買い物に行っていたらしい。洗濯もちゃんとしてある。さすがじゃ。

ちょっとゆっくりして岬の反対側(ホテルを出て道路の向こうに出ると岬の反対側に出られる)に出る。
すわって夕日を見る。とってもきれい。波もほとんどなく穏やか。

62.夕日.jpg 63.夕日.jpg

その後は夕食。ホテルを出てしばらく行ったFARE MANUIAで食べる。
ヒナノビール、ゴールドビール、ポアソンクルー、エビ、ムール貝、魚のパスタを食べた。
しばらくすると日本人ガイドの小林まゆみさんが来た。なんという偶然。

8時半頃食べ終わってホテルへ。今日も南十字星を探したが見つからない。また明日。

【出費の記録】
=================================
(カヌーBF  9600F)
スーパー     1327F
ラグナリウム半日ツアー   6330F
写真代(カメ)       2000F
夕食(FARE MANUIA)   4700F
=================================
計  14357F (¥14788)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ
posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | タヒチ&イースター島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年01月28日

C今日はシュノーケリング、カヤック、サファリツアー

ボラボラ3日目。朝6時前朝日を見に行く。
眠い目をこすりながら桟橋の一番先端まで行く。ちょうど先端の方は今改装中だ。
先着の日本人女性が1人いた。われわれはその手前でずっと朝日を見る。とてもきれいだ。

61.朝日.jpg

部屋に戻り2度寝。9時過ぎ起床。
朝食はスーパーで買っておいたフランスパン、チーズ、ヨーグルト、そしてコーヒー、紅茶。

11時までまた寝る。朝レセプションから電話があり、なんと部屋はそのままでいいと言う。
このあとは1泊だけ値段が安いビーチバンガローに移動する予定だったのでラッキー。

この後水上バンガローのサンデッキから海に出てシュノーケリング。
サンデッキはすぐ海に出られるようになっていてシャワーもある。
今日の朝はなかなか魚が多い。
続いて無料で借りられるカヤックにのって沖まで出た。

68.魚.jpg 70.魚.jpg

67.カヤック.jpg

13時頃部屋に戻り13時半からサファリツアーに出る。

72.サファリツアー.jpg

まず1つ目の丘に登る。景色がとてもきれい。
途中ホテルボラボラやブラディ・マリーズも通った。ここは映画俳優がたくさん来るという。
時任三郎やダイアナロスなど有名どころの名前がたくさん書いてあるボードがあった。

75.ホテルボラボラ.jpg

そして2つ目の丘に登る。ここには大砲がある。アメリカ軍が戦争時に使用したものだ。次に進む。

79.第二次世界大戦中にアメリカが残した大砲.jpg


3つ目の丘に登る前に激しい雨が降ってきた。登って途中で休憩の予定だったが次に進む。

4つ目の丘でちょうど空港の前に出る。ここはすばらしいラグーンの色、すごく綺麗。
今までで最もすばらしいビューポイントだ。

86.空港周辺の海.jpg

ここでガイドの運転手がその辺でとったパイナップル、ココナツ、パパイヤ、グレープフルーツを切ってくれた。
おいしかった。途中バナナ、マンゴなどの木の説明や、カニの餌付けなどをやってもらった。
カニは土中の穴の潜っていて、その穴付近に葉っぱ(何の葉っぱかわからん)をまくとカニが穴から出てくる。
雨にも濡れたがとても楽しい旅だった。

87.ノニの木.jpg 88.カニの餌付け.jpg

4時半頃に部屋に帰った。シャワーを浴びて買い物&夕食。
夕食は音楽につられてマイタイポリネシアホテルに行った。少し高いが音楽の生演奏がありとてもよかった。
しかし最後に出てきたデザートはとても甘かった。

8時半頃ホテルに戻り、今日も南十字星を探すがない。
部屋へ戻るが部屋のカギも開かない。やはり1日水上バンガローが延びたせいだろう。
セキュリティーはしっかりしている。またレセプションまで戻ってカギを開けられるようにしてもらった。
部屋に無事戻り就寝。

【出費の記録】
=================================
サファリツアー      6500F
スーパー         1088F
夕食(マイタイポリネシア)    7140F
切手10枚        1200F
電話            176F
=================================
計  16104F (¥16587)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ
posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | タヒチ&イースター島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年01月27日

Dランギロア島の海は最高にきれい

朝6時起床。パン、トマト、ヨーグルトの朝食。
朝食はなるべくスーパーで買っておいて食費を浮かす。

7時20分にレセプションへ。ホテル内レストランやアクティビティの清算を最後に済ます。
そして送迎者が来て出発。旅行会社を通してホテルを予約すると旅行会社の送迎が就いてくる。
ここから空港へのシャトルボートが出るヴァイタペ港へ。
途中オテマヌ山のきれいなスポットで運転手が写真をとってくれた。

110.ホテルからヴァイタペに行く途中.jpg 112.ヴァイタペから出るフェリー(空港へのシャトルボート).jpg

ヴァイタペで少し待ってボートで空港へ。空港では小林まゆみさんが待っていた。
9時15分発のエアータヒチでランギロアへ飛ぶ。途中ティケハウ島が見え、ランギロア島に10時15分到着。
キアオラビレッジから送迎のル・トラックが来ている。ホテルまでの海はとてもきれい。
これは期待がもてる。

117.エアタヒチでランギロアへ.jpg 121.ランギロア空港.jpg

122.ホテルキアオラビレッジのシャトルバス.jpg

ホテルに到着。ウェルカムドリンクとおしぼり付きでチェックイン。
ここからカートみたいな車でバンガローの入口まで来る。


今日は水上バンガローだ。桟橋で海を見る。これはすごい。一番手前の部屋に案内される。
すごい景色、すごい水、すごい魚、これはすごい、もう最高。ランギロアはすごい。
部屋もきれいし。とてもいい。設備もGOOD。

125.泊まったのは一番手前のバンガロー.jpg 124.水上バンガロー.jpg

131.ガラスばりのテーブル.jpg

しばらくサンデッキでボーッと海を見ていた。色鮮やかなグラデーションの海。

腹がへったのでレストランへ。ここのレストランはおいしいと有名らしい。
サシミやシャオメンを頼んだがなんと箸が出てきた。おてもとと書いてある。裏には箸の持ち方が書いてある。
サシミにはしょうゆもついている。いいサービスのレストランだ。

14時に部屋に戻る。16時まで昼寝タイム。
16時になってサンデッキから海へ飛び込む。ここもデッキにシャワーがついている。
魚がいっぱいくる。人なつっこいのか、ついてくる魚もいる。
水はすごくきれい。いつまでも飽きない。

146.海に出陣.jpg 153.魚.jpg

152.魚.jpg 149.魚.jpg


18時頃あがってシャワーを浴び、19時頃レストランへ。
今日はタヒチアンダンスショー&バーベキュービュッフェだ。
ウクレレ、ギター、タイコなどの演奏やダンスがすばらしい。
前に出て一緒に踊ったりとても楽しかった。

140.タヒチアンダンスショー.jpg

部屋に21時に帰る。あたりは暗い。南十字星を探すがない。また明日。

【出費の記録】
=================================
使い捨てカメラ   2830F×3 6230F
絵はがき      95F×6 570F
昼食(シャオメンスペシャル、水、サシミ)  3550F
夕食(バーベキュービュッフェ)    10160F
=================================
計  20510F (¥21125)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ
posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | タヒチ&イースター島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年01月26日

Eティプタパスと陸続きの唯一の村アヴァトルへ

朝9時すぎに起床。窓から虹が見えた。
ポーターが準備できたかと来る。まだですと答える。
今日は部屋をガーデンバンガローに移る。

朝食はパン、クラッカー、トマト、紅茶。しばらくして電話があった。
もうチェックアウトの時間です。準備はできたかというのでOKと答える。
ポーターが来て部屋を移動。37番のガーデンバンガロー。
ここもなかなか設備もいいし、装飾もかわいい。
景色は海が見えないのだが、その分値段はかなり安い。
景色以外なら問題ない。ただ蟻が多い。

134.ガーデンバンガローにも1泊.jpg 135.ガーデンバンガロー.jpg


12時になってから、ティプタパスを渡るボートが出るかどうかきくと、出ないという。
このボートで渡る途中運がよければイルカに会えるというので期待していたが、出ないのならしかたがない。
自転車で行こう。

その後ホテルのレストランで昼食。ポアソンクルー、ラグーンフィッシュを食べ、部屋に帰る。
その後海で魚と遊ぶ。

3時に戻って、4時から自転車を借りてティプタパスへ。外洋は波が荒いが景色はすごくいい。
浜辺では島民がドッヂボールをして遊んでいた。
ティプタパスの方を眺めたが、イルカには会えず。折り返してアヴァトルへ。

188.ティプタパス.jpg 189.ティプタパス.jpg

186.ドッジボールをしていました.jpg 191.陸続きの唯一の村アバトル.jpg

193.教会.jpg

約10kmの道のりだ。30〜40分ぐらいかかったがやっと村に出た。
教会などを見てまわって、スーパーで買い物。

194.スーパーダニエル.jpg

そして夕食はスナックオーガスタへ。開いてるのかわからない感じだったが、声をかけると座れと言う。
しばらくして注文を聞きに来た。

190.スナックシュオーガステ.jpg

シャオメンorステーキorチップスなどと言うので、本に書いてあって評判のいいシャオメンを頼んだ。
パペーテのル・ロットで食べたのに引き続いてうまい。
食べていると犬が寄ってきてくれと言う。店に人が追い払う。2人でビール込み2100F。これは安い。
さすがスナックだ。さあホテルに帰ろう。

ホテルまでは約8km途中明かりがなく真っ暗。でもおかげで星がよく見える。天の川もくっきり。
待望の南十字星も見つかった(たぶん)。
真っ暗の中なんとか道らしきものを見ながら帰った。明かりを見てホッとした。
時刻は8時。部屋に入り、シャワーを浴びて就寝。

【出費の記録】
=================================
昼食(ポアソンクルー、ラグーンフィッシュ)  3550F
レンタルサイクル 900F×2 1800F
スーパー(アイス、水、おかし、
     シリアル、バナナ、牛乳)  1400F
夕食(スナックオーガスタ)
   (シャオメン、ビール)      2100F
=================================
計  8850F (¥9116)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ
posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | タヒチ&イースター島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年01月25日

Fピンクサンドビーチでサメの餌付けとバーベキュー

朝7時半起床。ツアーが決行されるか聞くと、予定通りするとのこと。
朝食はシリアルとパン少し、紅茶、バナナ。9時に荷物をまとめて出発。

計4人であと2人のイタリア人は10分遅刻。そして出発。
約1時間半でピンクサンドビーチへ。

161.ピンクサンドビーチ.jpg

ここで1時間過ごす。砂が白とピンクの小さな砂浜。
近くにはサメがいっぱい。餌付けをして楽しかった。
泳いでいると小さなコバンザメがひっついてくる。この辺のサメは人に危害を加えないので安全だ。
でも大きいのが近づくとやはり恐い。

169.サメ.jpg 166.コバンザメ.jpg

次はモツへバーベキューピクニック。
ガイドのタヒチアン2人が火をおこして準備をしてくれた。
何かわからん魚(白身)と肉(チキンか)とフランスパン、サラダと一緒に混ぜられたご飯、ポテトチップ、グレープフルーツ、スイカ、チーズ、ゆで卵などもりだくさんで食べきれない。満腹。

173.近くのモツでピクニックランチバーベキュー.jpg 175.バーベキュー.jpg

食後モツを散策。カニや海蛇を見つけた。そしてきれいな貝もいっぱいあったので、いくつか持ってかえる。
2時に出発。途中雨に打たれ寒かったが4時前にホテルに到着。

177.カニ.jpg 178.ウミヘビ.jpg

シャワーを浴びて、モーレア島のドルフィンクエストの予約を入れようとしたが、もういっぱいでダメ。残念。
明日は出発が2時なのでティプタパスのシュノーケリングを申し込もうとしたが、チェックアウトは11時、シュノーケリングは10〜12時。終わってシャワーが浴びれない。レセプションに聞いてみると終わった後浴びさせてくれるという。ラッキー。

7時に夕食を食べに行く。ロブスターサンドとフィッシュを食べる。
3人組のマンドリンギターの演奏もあった。ボラボラのマイタイポリネシアの時と同じ曲も演奏した。
聞いてみるとネスカフェという。曲名か歌手名かわからないがこれの入ったCDを買おう。

8時半に部屋に戻る。今日の部屋はビーチバンガローだ。
ジャグジーもついていたが天気が悪く入らず。

ホテルの人には部屋を変わるたびに昨日はガーデン、今日はビーチ、おとといは水上とか言う。
本当は水上に全部泊まりたいけど高いのでいろいろ混ぜているのに理解できないらしい。
今日は手紙を書いて、本を読んで就寝。

【出費の記録】
=================================
ピンクサンドビーチ  11900F×2 = 23800F
夕食(ロブスターサンド、フィッシュ)  4350F
=================================
計  28150F (¥28995)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ
posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | タヒチ&イースター島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年01月24日

G激しいティプタパスドリフトシュノーケリングで指輪が

朝7時半起床。朝食をレストランに食べに行く。ビュッフェ形式。
ゆっくり食べて、8時半にアクティビティOKか聞く。

10時からドリフトシュノーケリングティプタパスツアーに出る。
8人+フランス人インストラクターでウェットスーツ+ライフジャケットを着て手をつないでシュノーケリングする。

180.魚.jpg 181.海底水深80mでも見える.jpg

3回潜った。深さは深いところで80mぐらいあるが透き通っているのでとてもきれい。
きれいなサンゴやたくさんの魚が見える。インストラクターが指を指して魚の説明をしてくれる。
ナポレオンフィッシュを2、3回見た。サメも見た。
ウツボ、トランペットフィッシュ、チョウチョウウオも見た。いっぱい、でもここで事件。

必死に泳いでいるとなんと指輪がどこかへいってしまった。
戻って、部屋に、少々気分が悪い。酔ったみたいだ。波が結構激しいので。
すぐシャワーを浴びてチェックアウト。

レセプションの前に座っていたら、経理をやっている福島さんという人が来てあいさつがあった。
名刺をもらった。次来る時はメールをもらったら予約状況を教えるとのこと。
5〜10月はほとんどいっぱいらしいので少なくとも半年前には予約しないと取れないらしい。
またカレンダーももらった。なんとホテルスタッフ写真付きカレンダーである。
さあいよいよキアオラビレッジともお別れだ。キアオラとはwelcomeの意味だそうだ。
ここはサービスもいいし居心地がとてもよかった。また是非来たい。

15時10分ランギロア発のエアータヒチで16時10分パペーテ着。
ホテルにチェックイン。なんとクローゼットの戸がはずれた。レセプションにクレームをつける。

そして我々は散歩へ。ヴァイマショッピングセンターの真珠博物館へ行った。
ホテルの名前を言えばタダで入れる。クーラーが効いていて涼しかった。

その後ル・ロットで夕食。広場で生演奏を聞きながら1時間ボーッとする。

ホテルに戻ってシャワーを浴びる。なんとシャワーが四方八方に飛び散る。
まあ仕方がないか。湯は出るし。今日は就寝。

【出費の記録】
=================================
ドリフトシュノーケリング ティプタパス 4500F×2 = 9000F
朝食(アメリカンBF)     2200F×2 = 4400F
ランドリー(ジーンズ)            860F
電話                  300F
モーレアティキビレッジツアー    13500F×2 = 27000F
夕食(ル・ロット)(チキンカレー、ジンジャーフィッシュ
       パン、ライス、水)     2670F
絵はがき         80F×3 = 240F
バナナスナック               250F
テレカ                1000F
使い捨てカメラ      1950F×2 = 3900F
=================================
計  49620F (¥51109)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ
posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | タヒチ&イースター島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年01月23日

Hモーレア島観光

朝7時半起床。嫁はピーピーでおなかの調子が思わしくない。
私のみ朝食は昨日のお持ち帰りのジンジャーフィッシュとパンを食べた。

8時20分にホテルを出発。港へはすぐ、早く着いたのでカフェをする。
9時15分アレミティーフェリー発、9時50分にモーレア島に到着。

199.タヒチ島からアレミティーフェリーでモーレア島へ.jpg

ティキビレッジの迎えの人が来ていて、ミニバスに乗り込む。
まずは景色のいいところへ、ソフィテル・イア・オラ・モーレアが下に見える。
海も透明できれいだ。

次にクック湾へ。そしてみやげ物屋に寄る。そのあとフルーツジュース工場へ。
ここではいろんな果実のリキュールがタダで味見させてもらえる。
バナナ、ココナツなど5種類ぐらい飲んで、酔っ払いそう。
みやげ物も売っていた。


そして次に山へ。道中はなんといっても蚊がいっぱい虫よけスプレーは必需品だ。
途中いろんな木の説明をしてくれる。
パイナップルやパパイヤのプランテーション、コーヒー、ノニなど、そしてパレオの染色に使うザクロのようなものもあった。

211.パパイヤ.jpg 212.パイナップル.jpg

213.コーヒー.jpg

最後にベルベデール展望台に。
正面にロトゥイ山をはさんでクック湾とオペノフ湾が両サイドに見える見晴らしのよいところだ。
左側にはバリハイ山があった。

202.クック湾.jpg 203.ロツイ山.jpg

下りの途中でマラエに寄ってティキビレッジへ。ここは刺青の人がいっぱいの小さな村だ。
少し説明があって昼食へ。

214.ティティロアのマラエ.jpg 219.ティキビレッジの海.jpg

エビとパイナップルのサラダとマヒマヒとマッシュルーム、ごはん、フルーツのリキュールがけを食べた。
嫁はピーピーであまり食べられない。
食事中マンドリンの演奏やタヒチアンダンスショー、ファイヤーダンスをやってくれた。

215.タヒチアンダンスショー.jpg 216.ファイヤーダンス.jpg

昼食後村内をうろつくが狭くまた、何もないので暇。
ガイドが来るのを待って14時半頃出発、15時頃空港に着いた。
約10分待って搭乗。小さくて約15人乗りのプロペラ機だ。
飛行機の扉が階段になっていた。
約10分でパペーテに到着。あっという間だ。

220.エアモーレアでタヒチ島へ.jpg 221.上空からモーレア島の海.jpg

予定の飛行機より早いのに乗れたので、約1時間空港で待って、迎えが来る。
ホテルへ。シャワーを浴びて昼寝3時間。

嫁はピーピーで動けず。クレープとカメラを買いにル・ロットへ。夕食はクレープ。
1人で食べる。仕度をしてチェックアウトし、空港へ。
21時発のランチリでイースター島へ。嫁は今もピーピー。

222.ランチリでイースター島へ.jpg

【出費の記録】
=================================
カフェ(コーヒー、紅茶、パン)     700F   
タヒチハンドブック          2500F 
昼食時ドリンク(ミックスジュース) 500F×2=1000F
使い捨てカメラ     1890F×2=3780F
クレープ(卵、ハム、トマト、チーズ、マッシュルーム、タマネギ)860F
ミックスジュース                 235F
=================================
計  9075F (¥9347)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ
posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | タヒチ&イースター島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年01月22日

Iいよいよイースター島上陸、ラノカウ、オロンゴ、アフビナプ

ランチリは座席が広くゆったりだ。ゲームもある。
一回軽食、もう一回朝食が出て、約5時間で到着。

223.イースター島が見える.jpg 225.マタベリ空港.jpg

スムーズに入国。ここはチリ。スペイン語だ。
出るとガイドの最上さんがいた。早速ホテルへ。

227.ホテルイオラナ入口.jpg 228.ホテルイオラナ全景.jpg

まあまあきれいなホテルだ。少し一服、昼寝し、15時頃オロンゴ観光に出る。
舗装のしていない道を行く。最高に景色のいい所に出る。絶景だ。

最上さんはガイド兼カメラマン。みんなから押してと頼まれる。
ツアーはペア4組+男性1人だ。
最上さんは熱心で、バスで移動中ずっとガイドをしてくれる。本当に真面目な人だ。
おかげでイースター島のいろんなことがわかる。

次にラノカウ火山の火口へ行く。カルデラ湖はみごとだ。

234.ラノカウ火口.jpg

次にオロンゴの鳥人儀式の所へ行く。ここには石造住居跡がある。
鳥人儀礼が行われたモツが見えるポイントにも行った。

240.オロンゴ入口.jpg 241.向こうからモツヌイ、モツイチ、モツカオカオ.jpg

243.鳥人の彫刻.jpg 248.石造住居跡.jpg

最後にアフビナプへ。ここは倒れたモアイがあり、唯一女性のモアイもあるところだ。

254.倒されたモアイ.jpg 257.唯一女性のモアイ.jpg

258.倒されたモアイ.jpg

6時頃ホテル着。7時まで寝る。
7時過ぎにホテルのレストランへ行って夕食。セビッチェとツナグリル。

ツアーで一緒だったおじさんが先に来て食べていた。
ビールがおいしいというのでビールを頼んだ。
ここはチリなのでチリビールのカストラルというやつだ。のみやすくてとてもおいしい。
個人的にはヒナノビールよりもおいしいと思う。

このホテルは海に面していてとても景色がよい。
日没が9時半ということでまだ外は明るいので感が狂う。
食事を終わってシャワーを浴びて今日は寝る。
どうやら嫁のピーピーは治ったらしい。よかった、よかった。


【出費の記録】
$1=¥134
=================================
夕食(セビッチェ、ツナグリル、ビール、水) US$ 25
=================================
計  US$25 (¥3350)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ
posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | タヒチ&イースター島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年01月21日

J待望の立ってるモアイに会う アフバイフ、アフアカハンガ、アフトンガリキ、ラノララク、テピトクラ、アナケナビーチ

朝9時前起床。朝食はパン、ジュース、紅茶、果物。
10時前に出発。

まずはアフバイフ。倒れたモアイがある。

260.アフバイフ.jpg 261.アフバイフ.jpg

そしてアフアカハンガ。ここも倒れたモアイ。子供のモアイもいた。

265.アフアカハンガ.jpg 267.子供のモアイ.jpg

次に待望の立ってるモアイ、アフトンガリキ。
さすがに立ってるモアイは見ごたえがある。
ここに1体だけプカオをかぶっているものがある。これは島民のいたずららしい。

274.アフトンガリキ.jpg 271.大阪万博に出展されたモアイ(アフトンガリキ).jpg

281.アフトンガリキ.jpg 282.アフトンガリキ.jpg

285.このプカオは島民がいたずらで載せた.jpg

そしてラノララクへ。道中は馬がうろうろしている。
ここイースター島では馬は放し飼いになっている。
だから道を馬が通って塞ぐことはよくある。

ラノララクはモアイの切り出し場だ。途中正座したモアイもいた。
ここには火口湖もあり、ラノララクの山の上からの景色はすばらしい。
この近くの木陰で昼食。ここでは観光客相手に車で土産物屋来ている。
少し相場を見るためいろいろ掛け合った。

287.この山から切り出した.jpg 288.このように切り出した.jpg

289.モアイエルヒガンテ 21.6m 160~182トン 最大.jpg 292.モアイトゥリトゥリ(正座したモアイ).jpg

295.モアイピロピロ.jpg 297.ラノララク.jpg

299.ラノララク.jpg 296.ラノララク.jpg

301.ラノララクの火口湖.jpg 303.ラノララクの山の上から.jpg

昼食が終わり、次にテピトクラへ移動。ここには光のヘソと呼ばれる丸い石があり、磁気を帯びている。
石の上に方位磁石を置くとくるくるまわる。触れるとパワーを得られると言う。
ここで昔の人は考え事をしていたと言われている。

305.テピトクラ.jpg

そして最後にアナケナビーチへ行く。唯一のビーチで島民も海水浴を楽しんでいた。
プカオを頭に乗せたアフナウナウのモアイがある。このモアイは砂に埋れていたため保存状態がいい。
この下からモアイの眼が見つかった。

308.アフナウナウ.jpg

アナケナビーチから一路30分、ハンガロア村へ。
途中craft マーケットによる。ここはみやげ物屋である。

そしてホテルへ。ちょっと休んでタクシーで再び村へ。
スーパーカイネネでモアイの瓶の酒を買う。

徒歩でホテルに帰って夕食。スパゲッティー、チリビール、トーストサンド。
サービスで食前酒を持ってきてくれた。

夕食後シャワーを浴びて、9時半からホテルハンガロアにダンスショーを見に行く。
イースター島独自のカリカリダンスで、歌詞も現地の言葉であるラパヌイ語だ。
イースター島のダンスチームは3チームあって、あとの2つはポリネシアンでこのカリカリだけがオリジナル。
海外公演もやっているらしい。
約1時間の公演が終わり、ホテルへ。今日は就寝。

318.カリカリというダンスチームのダンス.jpg 320.カリカリというダンスチームのダンス.jpg

319.カリカリというダンスチームのダンス.jpg 322.SAUSAUというダンス.jpg



【出費の記録】
=================================
枕チップ      US$ 1
Tシャツ   10×2=US$ 20
絵はがき   0.5×8=US$ 4
水          US$ 1
Tシャツ      US$ 10
CD        US$ 20
モアイ小      US$ 3
酒 2本      US$ 21
ガム        US$ 1
タクシー      US$ 2
夕食(スパゲッティー、ビール、トーストサンド) US$ 20
カリカリダンス      15×2=US$ 30
=================================
計  US$133 (¥17822)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ
posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | タヒチ&イースター島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年01月20日

Kまだまだ続くイースター島観光 ブナパウ、アフアキビ、アナテパフ、アフタハイ、アナカイタンガタ

朝7時40分起床。

朝食後9時過ぎツアーバスでプナ・パウへ。
ここはプカオの切り出し跡で切り出し途中のものがいっぱい転がっていた。

313.プナパウ(プカオの切り出し跡).jpg 314.プナパウ.jpg

315.プナパウ.jpg 316.プナパウ.jpg

次にアフアキビへ。
ここのモアイは海に向かって立っている。
いつも曇りが多いらしく、虹が架かってとてもきれいだった。

323.アフアキビ.jpg 325.アフアキビ.jpg

次にアナテパフへ。
洞窟の中を歩く。第1、2、3の開口部があり、ずっと歩いて3の出口から出た。
洞窟の入り口は無風で植物が成長しやすい。バナナその他いっぱい生えていた。

330.アナテパフ.jpg 334.jpg

332.洞窟の出口.jpg

帰りに日曜日の昼ということで焼きたてのパンが食べられるパン屋に寄った。
ここでエンパナーダを食べた。なかなかいける。

ここで我々はバスから降ろしてもらい、スーパーに寄った後タクシーで博物館に行く。

そしてその後歩いてアフタハイへ。
ここは眼のついたモアイがある。たまたまみやげ物屋さんが店を出していた。ラッキー。
日曜日は店を閉めているところが多いので助かった。
ここのおばちゃんはラノララクで会ったおばちゃんだ。
値段はもう交渉済みなので話しは早かった。

337.アフタハイ.jpg 340.アフコテック(唯一目をはめ込まれたモアイ).jpg

帰りの足がない。しかたなく歩いているとタクシーが通りがかった。
暑いのでラッキー。タクシーで教会横のクラフトセンターまで行く。

ここで最後の買い物を終え、タクシーでアナカイタンガタまで行く。
ここはイオラナホテルの近くだ。ここも洞窟で天井には鳥人の絵が描いてあった。
これでイースター島観光はすべて終了。ホテルへ徒歩で戻った。

341.アナカイタンガタ.jpg 342.アナカイタンガタ.jpg

343.天井の鳥人の絵.jpg

時刻は3時。
これから荷物のピックアップの7時25分までまだたっぷり時間があるので、本を読んだり、シャワーを浴びてゆっくりした。
荷物のピックアップの後、モアイの置物は石がなかなかリアルで良いため、ホテルの売店をあけてもらい買った。
ここのホテルの売店はいつも開いていなくて、言えばあけてくれるというスタイルのようだ。
全然商売っけがない。

この後、ホテルで夕食(サシミ、貝のスープ)、9時25分に空港へ。
お世話になった最上さん、運転手、ガイドのアナにチップを渡した。
アナさんからモアイの首飾りをもらった。

ランチリ22時30分発でパペーテへ。あっゲームだ。
ランチリのシートはやはり横幅が広い。
そして今回はひとりひとりに画面付きでコントローラー付き。
これはSQに匹敵するぐらいよい。ただ入国カードぐらいは配って欲しい。
おかげでパペーテの入国で手間取った。
3回目のホテルマンダリンへ。お疲れ様。


【出費の記録】
US$1=410P
=================================
パン     US$2×2=US$ 4
タクシー   US$ 2  
博物館    US$ 2×2=US$ 4 
木のモアイ+ロンゴロンゴ+石のモアイ US$ 320
タクシー   US$ 2
水      US$ 1
マフーテ   US$ 5
モアイキーホルダー5コ  US$ 10
モアイ木の置物小 5コ  US$ 15
タクシー     US$ 2
石のモアイ 3コ     US$ 30
絵ハガキ      US$ 1
チップ       US$ 4
ハガキ送料     US$ 6
水    400 P
ステッカー  200 P
チップ 3000 P
=================================
計  3600P(¥1177)+US$406 (¥54404)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ
posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | タヒチ&イースター島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年01月19日

Lタヒチ島へ戻る 土産買いすぎちゃう

朝8時〜9時起床。嫁は6時頃起きてすでに本を読んでいた。
9時から朝食。そのへんのスナックでパン、ジュース、コーヒー。

その後マルシェをぶらぶら、タヒチミュージックをぶらぶらしてル・トラックに乗ってスーパーCarreforeへ約25分で到着。
ル・トラックは長距離なのに120Fとタヒチでは格安。

20.ルトラック.jpg 16.マルシェ.jpg

Carreforeは大きい。時間をかけて紅茶やおかしなどみやげになりそうなものを買う。
昼食は外のスナックでピザ、ポアソンクルー、パスタ、オレンジジュース。

ル・トラックで町まで戻って荷物を置く。
その後3時からタヒチミュージックへ行ったが、どのCDがいいか結局わからなかったので、空港で買うことにした。
マルシェでパレオ探し。嫁がうろうろするのをついてまわる。
全部で7枚購入。

続いてヴァイマSCの一階免税店で黒真珠のネックレス、石鹸を購入。
続いてシバニ・パールで黒真珠を購入。
ここの家族の人も今回我々が手配してもらったメルシーツアーを使うらしい。

この後、通りがかりにピーチ入り水とレモン入り水というのが売ってたので購入。
レモン入り水はスプライトの気の抜けたみたいなやつでピーチの方がややおいしい。

いったんホテルに戻り、パレオファッションショー。オレンジ以外はみんな似合うかも。

7時からル・ロットへ。おいしいと評判のシェ・マミーへ。
ポアソンクルーとシャオメンを食べる。

ホテルへ戻りシャワーを浴び、明日の準備をして就寝。



【出費の記録】
=================================
パレオ   1800F×4=7200F    
2000F×3=6000F
朝食(パン、ジュース、コーヒー)  740F
水     100F
切手     240F
ル・トラック    120F×2=240F
スーパー    6905F
昼食     1700F
ル・トラック    120F×2=240F
石鹸+真珠ペンダント   15360F
黒真珠   37830F
水     400F
ココナツジュース   200F
夕食(ル・ロット)(シャオメン、ポアソンクルー、水) 2050F
=================================
計  79205F(¥81581)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ
posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | タヒチ&イースター島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年01月18日

M旅の終わり

朝6時20分に迎えが来る。空港でチェックイン。
免税の払い戻し手続き、パイナップルの受け取りを済ませ、8時発ティアレタヒチを受け取り機内へ。
約12時間のフライトで関空に16日15時半到着。お疲れ様。

【出費の記録】
=================================
香水    5500F   
パイナップル  1680F
CD    2900F
タパのしおり  800F
真珠貝のペンダント  2000F
CD    3000F
モノイモイスチャークリーム  1000F
バニラ  1900F×2=3800F
パレオの本    300F×5=1500F
空港バス 1300円×2 = 2600円
=================================
計  22180F(¥22845)+(¥2600)

よかったら応援お願いします。

海外旅行 ブログランキングへ
posted by めぇめぇ&ぢぃ at 00:00 | Comment(0) | タヒチ&イースター島旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ホテルを一番安く取る方法はこれ!!
Hotels.comで10泊に1泊無料+キャッシュバック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


カテゴリ
検索
 


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。